本気なら、HUBbersと一緒に、次の世界を創ろう。

CLOSE

Opinions

See More

CLOSE

Events

See More

Mission

IMPACT HUB Tokyoは、社会の変化を創りだす主体となるような、 異なる分野のアントレプレナーたちが、集い、学び、成長するコミュニティです。

  • Grow 育つ

    社会に変化を起こそうとする起業家の多くは、みな旅の途上にいます。
    その旅には、知識、ネットワーク、発想、手法、そして、仲間のシェアが必要です。

    社会システムを変えるだけでなく、事業の持続性を確保して、資金やサポーターを増やし、ムーブメントを創る人たちの、戦略づくりを加速します。

    本音を話し、事業の裏表を学び合う本気の姿勢が、ここにはあります。

  • People コミュニティ

    世の中は確かに変化し、既存のシステムでは対応できない時代が来ています。その変化にいち早く気づき、その変化を作る主体となろうとする人たちがHUB Tokyoには集まっています。

    語られるのは、システム、経済、関係性、思想、そして、ビジネス。同じ思いを共有し、新しい波を一緒に創って行く人たちの「共に働く体、共働体」です。

  • Space・Ba 場

    「People First, Space Later」の考えから、空間設計ではなく「場」設計にこだわり運営しています。私たちが見つけたこの印刷工場跡地は、事業を始めチャレンジする人がDIYやハックをしようとする精神に溢れ、常にインスピレーションを与える雰囲気に満ちています。

    着想や思考方法、スタートアップの様々なセオリーを引き寄せ、場のエネルギーを維持します。そして、常駐するホスト達が「アイデアを生み、アイデアを発信する場」を保つよう働きかけます。

IMPACT HUBのグローバルネットワークとは

IMPACT HUBは、現在、世界約40カ所に存在し、それぞれの都市でそこに住むアントレプレナーや周囲の人たちの特性に合わせ、独自の生態系を作り上げています。

IMPACT HUBの組織は、フラットな意思決定を持つ組織で、本部や支部などの上下関係は存在せず、全てのHUBが平等な立場にあります。その都市の、「リード・アントレプレナー」がファウンダーとなり、設立されます。全てのファウンダーは、IMPACT HUBのアソシエーションに所属し、1票を持ち、世界全体のIMPACT HUBのガバナンスを担います。

http://impacthub.net

その世界的な動きと歴史

2005年、ロンドンで、未来の社会に役立ちたいと考える起業家たちが集まり、シェアオフィスを作りました。その後、「チェンジに着目したアントレプレナーのコミュニティをつくる」というアイデアはムーブメントになって世界へひろがり、アムステルダム、ベルギー、マドリッド、チューリッヒ、と欧米を中心に拡大。その後、南ア、オーストラリア、米国、そして日本へと飛び火しました。

現在、約40カ所のIMPACT HUBが存在しており、また15以上の都市で、HUB作りが進められています。

CLOSE

Yuri Koike

Yuri
Koike

株式会社アム

「企業・サービス・人の成り立ち(構造)を整理/理解して、 本質が伝わるお手伝いをしています」

Yuri Koike

Yuri Koike

株式会社アム

「企業・サービス・人の成り立ち(構造)を整理/理解して、 本質が伝わるお手伝いをしています」

ブランド戦略の会社アム所属。 「カオスの中にパターンを見いだす」ことを愛している。 ブランド戦略も人の話や複雑な情報の中から本質や構造を見いだす瞬間が好き。伝える人、受けとる人に「腑に落ちる」ことのパワフルさを提供したい。 人の認知や学習/自発性にも興味あり。「人の心を可視化したい」という理由でアートに関連するアプリを題材にプログラミングを独学。その後しばらくフリーランスでシステム設計を行っていた。最近Processingを勉強し直したいと思っている。 人の心やアート、システム設計もやっぱり「カオスからストーリーを作る」は共通点。 文化を創るようなサービスを作りたい/手伝いたい、です。

Junichi Noutomi

Junichi
Noutomi

NPO法人キャリア解放区

「成熟社会のリクナビを作ります」

Junichi Noutomi

Junichi Noutomi

NPO法人キャリア解放区

「成熟社会のリクナビを作ります」

NPO法人キャリア解放区理事長。内発的な動機を引き出す場作りを行いながら、面接なしで就職マッチングを行うプログラムを開発提供しています。成熟社会にあった新しい採用や働き方を実践していきます。複雑系、創発、コミュニティに興味あり。

Yu Nakamura

Yu
Nakamura

フリーランス

「野良猫的生活をしながら、「おいしい」の裏にあるストーリーを、料理や編集を通して伝えています」

Yu Nakamura

Yu Nakamura

フリーランス

「野良猫的生活をしながら、「おいしい」の裏にあるストーリーを、料理や編集を通して伝えています」

台所研究家。大学時代に「料理するからただで泊めて!」と世界の家庭を渡り歩くプロジェクトを行って以来、「食は国境や世代を超えて人々を笑顔にする」が信念。編集と料理の修業期間を経て、自分が本当においしいと思ったものを、誰が、どんな思いを持って作ったのかを描いたストーリーブックとともに詰め合わせてお届けする『YOU BOX』や、世界の家庭料理をテーマにしたケータリング『旅人キッチン』主催。80歳以上のおばあちゃんのレシピを世界中で集めています。これからも、食のあれこれを通して笑顔を増やす事業を展開していく予定。

Sebastian de  Goeij

Sebastian de
Goeij

HUB Tokyo ホスト

「HUB Tokyoの仕事を通じて、新たな経験を得たり、面白い事を学習したいです」

Sebastian de  Goeij

Sebastian de Goeij

HUB Tokyo ホスト

「HUB Tokyoの仕事を通じて、新たな経験を得たり、面白い事を学習したいです」

  オランダ出身のHUB Tokyoホスト。ライデン大学日本学部を卒業後、アムステルダム大学院にて政治学・国際関係学の修士号を取得。専門であった日本語を駆使して、国際的な環境で働きたいと考え、2014年4月よりHUB Tokyoのチームに参加。主に、マーケティングやイベント&ミートアップ開催、翻訳などを担当する。チームにオランダの新しい風を吹かせている。元アイススケート選手。

Takayuki Tanaka

Takayuki
Tanaka

桜 on プロジェクト / United Flowers

「人生というストーリーを紡ぐ花屋さん」

Takayuki Tanaka

Takayuki Tanaka

桜 on プロジェクト / United Flowers

「人生というストーリーを紡ぐ花屋さん」

HUBでは桜onプロジェクトの代表として、桜をツールにして日本中の人と地域の“ストーリー”の発見・再編・創出・記録、300年先の昔話を創っている。植物をツールにした空間創りや関係づくり・ランドスケープが専門。「全てのものごとに物語は宿っている」を信条に、地域に渦巻く“物語性”を都市生活者の“日常”に活かすノウハウを構築。それを基に企業や組織の人財活性プログラムを桜onプロジェクトでビジネスとして提供している。一方でHUBの外では、フラワーデザイン、ボタニカルデザイン、ランドスケープデザインの分野で細々と生息。しかし、細々とやっているのが心地く成りかけていたところに、恒例の「世の中にぶち込みたい」欲求が降臨したので、2014年度は信条を限定的に「全てのモノゴトの細部に神と物語は宿る」に切り替え、“世の中への花と植物の効果効能”をエネジェチックに具現化することにしたという。

Iimori Yutaka

Iimori
Yutaka

WaileleWorks日東株式会社 代表取締役

「ブランディング、 マーケティング、ソーシャルデザイン、コミュ二ティティデザイン等を提供しています」

Iimori Yutaka

Iimori Yutaka

WaileleWorks日東株式会社 代表取締役

「ブランディング、 マーケティング、ソーシャルデザイン、コミュ二ティティデザイン等を提供しています」

2007年 9月 企業のブランディング&マーケティング支援を目的としてWaileleWorks日東株式会社を創業。創業前は、グローバルエージェンシー、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社にて、インターラクティ部門の統括責任者として事業拡大に貢献。また、IT業界での経験も長く、米国シリコンバレーにて、インターネットパイオニア企業であったネットグラヴィティ社の日本担当ディレクターとして創業に参加。1995年カナダのノーテルネットワークス社(ノーザンテレコム社)に長年経験を積む。

Haruyuki Seki

Haruyuki
Seki

Georepublic Japan/Code for Japan

「地域の問題を解決するために、インターネットを活用してオープンに協働するコミュニティを作っています」

Haruyuki Seki

Haruyuki Seki

Georepublic Japan/Code for Japan

「地域の問題を解決するために、インターネットを活用してオープンに協働するコミュニティを作っています」

位置情報系シビックハッカー。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、自身でも位置情報アプリケーションの開発を行い、それだけでなく会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。東日本震災時より Hack for Japan というエンジニア系プロボノ集団のメンバーとしてハッカソンなどの企画を主催してきたが、地域との長期的な関係構築をより組織的に行うことの必要性を感じ、2013年6月に Code for Japan を設立。Code for America と連携しながら運営を行っている。 内閣府IT戦略本部オープンデータ実務者会議委員なども務める。

Satoshi Kita

Satoshi
Kita

株式会社ポップインサイト

「おしごとをする人たちが、もっとワクワク・楽しくはたらけるようにするものをつくっています」

Satoshi Kita

Satoshi Kita

株式会社ポップインサイト

「おしごとをする人たちが、もっとワクワク・楽しくはたらけるようにするものをつくっています」

株式会社ポップインサイト、ファウンダー兼CTO。ユーザビリティテストという、お客さんの心理を理解するための手法を、これまでよりも圧倒的に手軽に実施できるようなサービスを作っています。前職はユーザビリティテストを強みとする株式会社ビービットにて、Web施策の成果検証ツールを作っていました。ポップインサイトもそうですが、創造性を支えるものや、「やりたい!」と思うきっかけに繋がるようなものを作りたいと思っています。

Hiroko Arai

Hiroko
Arai

フリーランスCMディレクター / PVプロボノ

「映像のソーシャル化をミッションとして活動しています」

Hiroko Arai

Hiroko Arai

フリーランスCMディレクター / PVプロボノ

「映像のソーシャル化をミッションとして活動しています」

CMディレクター&PVプロボノ代表&interviewers代表。本業CMディレクターでマネタイズしながら、ライフワークとして‘PVプロボノ’で都市と地域と映像でつなぎ、‘interviewers’で人と人を映像でつないでいます。わたしの映像への価値観を変えたのが3.11。映像はあくまでもコミュニティの場をつくるための道具。わたしの目指すのは、映像のソーシャル化。今迄の固定化された映像とは別次元の映像分野をつくるということ。まずは自分のできる小さな活動を積み重ね中☆

Kazuko Niwano

Kazuko
Niwano

ITC Ethical Fashion Initiative

「アフリカでのモノづくりを日本のファッション産業に推進しています」

Kazuko Niwano

Kazuko Niwano

ITC Ethical Fashion Initiative

「アフリカでのモノづくりを日本のファッション産業に推進しています」

WTOと国連の合同機関のITCの基幹プログラムのエシカル・ファッション イニシアティブの日本担当のコンサルタント。主にアフリカやハイチでのモノづくりを日本のファッション産業に推進、コーディネートしています。外資系ファッションブランドでのマーケティングの経験を生かし、ファッション業界とアフリカを結び付ける仕事をしています。究極のエコである山登りが趣味です。

Yoshihiro Kikuchi

Yoshihiro
Kikuchi

ゾイシア株式会社

「目黒の秘密基地の奥の方で秘密兵器の開発してます」

Yoshihiro Kikuchi

Yoshihiro Kikuchi

ゾイシア株式会社

「目黒の秘密基地の奥の方で秘密兵器の開発してます」

ゾイシアでエンジニアやってます。相方と日々ぺそぺそとサービスの開発中。JS(JavaScript)勢なので現在はフロントエンドの開発を主に担当してます。ほんとはサーバもJSでやりたかったりそうでもなかったり。なんか変なガジェットとかレトロゲームとか好き。生活に余裕ができたらメガドライブの開発がしたい。自然と触れあいたい。あとthe pillowsのライブ行きたい。

Susumu Namikawa

Susumu
Namikawa

電通

「社会をちょっとよくする、いろいろなプロジェクトをつくっています。

Susumu Namikawa

Susumu Namikawa

電通

「社会をちょっとよくする、いろいろなプロジェクトをつくっています。

電通ソーシャル・デザイン・エンジン所属クリエイティブディレクター。「社会をよくする」広告のありかたを考え、ユニセフ「世界手洗いの日」プロジェクト、「ごしごし福島基金」、インドで衛生・栄養の教育を行う「THEATER FOR GOOD」など、いろいろなソーシャル・プロジェクトを手がけています。 ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン・クリエーティブディレクター。上智大大学院、東京工芸大学非常勤講師。著書に『下駄箱のラブレター』(ポプラ社)、『ハッピーバースデイ 3.11』(飛鳥新社)、『Social Design 社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた』(木楽舎)他。

Sou Takahashi

Sou
Takahashi

september's

「顧客と一緒にビジネスを作る、新たなスタートアップのスタイル」

Sou Takahashi

Sou Takahashi

september's

「顧客と一緒にビジネスを作る、新たなスタートアップのスタイル」

様々なスタートアップがある中、事業は時に狙うべき顧客像が違っている為に埋もれていってしまう可能性がある。 september's は、その課題の解決へと導くサービス。自分のアイディアに興味を持っているのはどんな人達なのか、またそれは何人位いるのか。オンライン上で様々なアイディアをブラッシュアップする「場」をつくり、その興味を持った人(将来の顧客)と一緒にアイディアを形にしていく、新しい「クラウド(群衆)」のスタイルを提案する。  

Toshiyuki Nakamura

Toshiyuki
Nakamura

株式会社Chiikys Founder

「都会と田舎、地域と地域、海外と日本をつなげる体験と宿泊のマーケットプレイスの企画・運用をしています」

Toshiyuki Nakamura

Toshiyuki Nakamura

株式会社Chiikys Founder

「都会と田舎、地域と地域、海外と日本をつなげる体験と宿泊のマーケットプレイスの企画・運用をしています」

Webベンチャー勤務、数社の役員やスタートアップ経験を経て、かねてからの想いを果たすべく社会性があって世の中に新しい価値とアプローチを提供できる事業に取り組むべく新たに起業。 <ハローチーキーズ>ガイドブックにはない本当の文化・地域体験をしてみたい! 地域の魅力を伝えたい!地域の文化を体験してもらいたい!そんな想いをつなげるのが、 地域と人をつなぐ体験と旅のマーケットプレイス、ハローチーキーズ。

岸本佳枝 Kae Kishimoto

岸本佳枝
Kae Kishimoto

Emotions

グラフィックデザインとウェブ制作の仕事をしています。

岸本佳枝 Kae Kishimoto

岸本佳枝 Kae Kishimoto

Emotions

グラフィックデザインとウェブ制作の仕事をしています。

Emotionsというグラフィックデザインの会社を7月からはじめました。構成メンバーは、私(グラフィックデザインと営業)、webのフロントエンジニア&ミュージシャン、webフロントエンジニア の3人で仕事をしています。グラフィックの他には音源制作や動画制作やウェブ制作の仕事をやっています。行く行くは、国内だけでなく、海外でも仕事をしたいと思ってます。

Yoshihisa  Takahashi

Yoshihisa
Takahashi

株式会社ヴィアウィルトゥス 代表取締役

「誰かが誰かに『○○を伝えたい!』という時の手助けをする仕事をしています」

Yoshihisa  Takahashi

Yoshihisa Takahashi

株式会社ヴィアウィルトゥス 代表取締役

「誰かが誰かに『○○を伝えたい!』という時の手助けをする仕事をしています」

1975年生まれ  ・20代から30代前半はテレビ業界に身を置き、我慢強さと粘り強さ企画制作力を学ぶ ・30代中頃に大学院へ進学、時間軸と数字で分析することを学ぶ ・30代後半(現在)“物事の本質をとらえることで、他には真似のできない新たな価値をつくり、共有をする会社”株式会社ヴィアウィルトゥスを設立。主にPRに関わるプランニング、組織マネジメントサポート、映像制作に取り組んでいる 

Mami Yamashita

Mami
Yamashita

株式会社ここるく 代表取締役

「子育て時期によくある「不便だな」「困ったな」を解消する仕組みづくりをしています」

Mami Yamashita

Mami Yamashita

株式会社ここるく 代表取締役

「子育て時期によくある「不便だな」「困ったな」を解消する仕組みづくりをしています」

①子育て中のママ向けに、色々なお店が託児付で利用できるサービス「ここるく」を運営しています。 ②産休・育休明けのスムーズな仕事復帰を支援するコンサルティング、研修実施を行っています。特に企業向け(人事担当部門など)に対する支援事業に注力しています。 ③子育て全般や保育園(保活)に関する執筆依頼も増えてきました。All Aboutガイドとして活動する他、雑誌やWebでも監修やコラム執筆しています。

Kuniyuki Takahashi

Kuniyuki
Takahashi

NPO法人ポレポレ代表 / SVP東京

「外国で、ていねいにつくられた、めずらしくてカッコイイものを、日本のみんなにとどける仕事」

Kuniyuki Takahashi

Kuniyuki Takahashi

NPO法人ポレポレ代表 / SVP東京

「外国で、ていねいにつくられた、めずらしくてカッコイイものを、日本のみんなにとどける仕事」

私はフェアトレードに取り組んでいます。しかし、製品の輸入だけが大事なのではありません。生産地の文化や、生産者を製品を通じて知ってもらいたいのです。私は10年間、エストニアのハンディクラフトを輸入販売していました。その結果、都市から離れた島や、農閑期の高齢者女性の雇用創出ができました。また、日本人にもすばらしいハンディクラフトを紹介してもらえた、ととても喜ばれました。これから、途上国の文化や生産者を学ぶためのコミュニティやイベントを日本全国で開催します。また、生産者にユーザーからのフィードバックをし、やる気につなげたいです。

Takamitsu Mizutori

Takamitsu
Mizutori

Goldrush Computing Inc. / Pocket Supernova Inc.

「プログラマーです。自分の会社を経営しながら他の会社もお手伝いしています」

Takamitsu Mizutori

Takamitsu Mizutori

Goldrush Computing Inc. / Pocket Supernova Inc.

「プログラマーです。自分の会社を経営しながら他の会社もお手伝いしています」

Goldrush Computing Inc.で代表取締役。Pocket Supernova Inc.でプログラマー。英単語帳アプリ「アメリタン」やビデオメッセージングアプリ「unda」の開発を行ってます。その他にも国内外の会社/サービスのアプリ開発に多数参加しています。起業する前はソニーエリクソンで携帯電話自体の開発を行っていたこともありモバイルテクノロジーの進化および使われ方全般に興味があります。

Tomohiro Takano

Tomohiro
Takano

HUB Tokyo

Head Host

Tomohiro Takano

Tomohiro Takano

HUB Tokyo

Head Host

国際基督教大学大学院にて企業の社会的責任(CSR)およびBoPビジネスに関する研究活動を行う傍ら、日系シンクタンクにて2年間SRIアナリストアシスタントを勤める。インドの社会的企業ドリシテにて、インドの農村地域におけるビジネス生態系と多国籍企業との恊働プロセスに関する事例研究を実施。帰国後、株式会社HUB Tokyoの立ち上げに参画し現在に至る。

Shino Tsuchiya

Shino
Tsuchiya

HUB Tokyo

株式会社Hub Tokyo 代表取締役

Shino Tsuchiya

Shino Tsuchiya

HUB Tokyo

株式会社Hub Tokyo 代表取締役

国際NGO勤務、シンクタンクでのイノベーションリサーチを経て、起業。世界中のチェンジメイカーとなる起業家達が接続するコラボレーションネットワークとしてのHUBに、東京から参画し、HUBの経営、日本でのブランディングを見る。現在、HUB内にて「番頭」として活動し、HUBに集まるメンバーの事業成長、コラボレーションに様々な形で貢献中。

Jay Horinouchi

Jay
Horinouchi

HUB Tokyo

アート&コミュニティマネージャー

Jay Horinouchi

Jay Horinouchi

HUB Tokyo

アート&コミュニティマネージャー

カルフォニア出身の日系人アーティスト。2006年にパサデナのアートセンター美術大学卒業後、4年間ロサンジェルスでアーティスト/デザイナーとして活動。2010年に来日、新しい環境で新しいアートを自分のルーツに繋げる事を決意。2013年8月にHUB Tokyoに入社、デザイン/アート担当。

Masafumi Ara

Masafumi
Ara

HITOTOWA INC. 代表取締役 /NPO GoodDay

「地域の課題を解決するような近所付き合いをつくる(ネイバーフッドデザイン)仕事をしています」

Masafumi Ara

Masafumi Ara

HITOTOWA INC. 代表取締役 /NPO GoodDay

「地域の課題を解決するような近所付き合いをつくる(ネイバーフッドデザイン)仕事をしています」

2010年住宅デベロッパーから独立、HITOTOWA INC.を創設。ネイバーフッドデザイン、CSR/CSVコンサルティング、ソーシャルフットボールという3つの事業を手がけ、国際交流基金・2012年度日印社会起業家交流事業に選出される。 自然体験を行うNPO法人GoodDayの理事、都市における共助の防災減災研修を行うプロジェクト「Community Crossing Japan」オーガナイザー、サッカー×社会貢献プロジェクトを行う「social football COLO」オーガナイザーも務める。

Shingo Potier de la Morandière

Shingo
Potier de la Morandière

HUB Tokyo

株式会社HUB Tokyo 取締役 ポチエ真悟

Shingo Potier de la Morandière

Shingo Potier de la Morandière

HUB Tokyo

株式会社HUB Tokyo 取締役 ポチエ真悟

ロンドンにて大手金融機関で投資/債券取引業務を経験した後、エネルギー市場に興味を持ち独立。その後、スタートアップの戦略立案に関わるようになり、スタートアップ専門家としてロンドンで活動。アントレプレナーシップや、日本での起業におけるチャレンジを変えていくことに興味を持ち、HUB Tokyo設立に関わる。財務、チーム編成、事業開発を担当し、日本らしく、かつグローバルに通用するアントレプレナーシップを追求し、起業家を育成中。

Yukiko Yamada

Yukiko
Yamada

(株)エクスペリエンス

「洋服のデザインから縫製までしています。アーティストの活動をサポートする企画などをしています」

Yukiko Yamada

Yukiko Yamada

(株)エクスペリエンス

「洋服のデザインから縫製までしています。アーティストの活動をサポートする企画などをしています」

物語のある生地を使い、洋服をデザインして縫製しています。物語とは手仕事であったり、アーティストとのコラボレーションであったり、南の島の衣装であったり・・・。その他にアーティストの活動をサポートする企画などをしています。鎌倉出身でサーフィンや素潜り、自然やキャンプが好きです。音楽やライブ、旅も大好き。3歳の男の子と2歳の雑種の犬の母親です。

Akira Tsukakoshi

Akira
Tsukakoshi

子ども原っぱ大学

「一緒に作る 一緒に感じる 親子の「イマ、ココ」を自宅に届ける」

Akira Tsukakoshi

Akira Tsukakoshi

子ども原っぱ大学

「一緒に作る 一緒に感じる 親子の「イマ、ココ」を自宅に届ける」

子どもと自然の中で遊んだりモノを作ることが好きで、そんな機会をシェアしたいという素朴な動機からスタートした事業。様々な親との対話の中で得たのは、子に対する『生きるために必要な何かを手にしてほしい』という親の共通の思い。そのために一番大切なのは親と子が「イマ、ココ」を一緒に感じ、大人も全力で遊ぶこと。 原っぱ商会 は、その体験を自宅まで届けるサービス。これにより、受け身ではなく主体的に自分の人生を生きる大人と子どもを増やしていくことを目指す。

Daisuke Tebayashi

Daisuke
Tebayashi

ゾイシア株式会社

「webサービス開発やってます」

Daisuke Tebayashi

Daisuke Tebayashi

ゾイシア株式会社

「webサービス開発やってます」

webサービス、スマホアプリ企画開発に興味があります。その辺りに漫画描くのも絡めて、仲間とワイワイやりたい今日この頃。

Naoyuki Takahashi

Naoyuki
Takahashi

損害保険

「みんなが何かをはじめたり、困っている時に、一緒にお手伝いするのが大好きなんです」

Naoyuki Takahashi

Naoyuki Takahashi

損害保険

「みんなが何かをはじめたり、困っている時に、一緒にお手伝いするのが大好きなんです」

気が付いたら、社会人になって25年以上がたちました。HUBの中ではバブルを経験した数少ないメンバーの一人。その後の失われた20年、金融危機、グローバル化など、多様な経済環境の変化の中でもみくちゃにされながら、多様な経験をしてまいりました。仕事では、マーケティング、商品開発、コンプライアンスなどを多様な業務を経験してきました。柔軟性はまだまだ若い人にはまけないぞと思う今日この頃。何か皆さんのお役に立てればよいなーと思っています。

Naoaki Yamamoto

Naoaki
Yamamoto

fermee / パナソニック

「一日として同じ味はない 発酵食品づくりのサポートサービス & プロダクト」

Naoaki Yamamoto

Naoaki Yamamoto

fermee / パナソニック

「一日として同じ味はない 発酵食品づくりのサポートサービス & プロダクト」

東南アジアでヤシの実からお酒を作った実体験が現在の発酵食品のサポートサービス & プロダクトを作るきっかけに。加工食品や家電の進化によって、食は簡単・手軽になった一方、「食」に関して、自分の生身の体験や、感動を忘れがちである昨今。発酵食品をより手軽に、且つ美味しく作れる fermeeによって、発酵の過程を楽しむ体験、食べ物と大事に付き合える生活をサポートする。

Kensuke Fujishiro

Kensuke
Fujishiro

prsm

「自分がやりたくて、かつ社会にも必要とされていることができるようにするための"場"を作っています」

Kensuke Fujishiro

Kensuke Fujishiro

prsm

「自分がやりたくて、かつ社会にも必要とされていることができるようにするための"場"を作っています」

1988 年生まれ。千葉県出身。東京理科大学理工学部建築学科、慶應義塾大学院メディアデザイン研究科卒業。 経験デザイン、ストーリーテリング、サービスデザインなどの研究分野を建築設計に応用することで、場の設計という独特の立場から活動を行なっている。 世界経済フォーラム Global Shapers Community(GSC)準メンバー、TEDxTokyo コミュニケーションとスペースのリードデザイナー、その他コミュニティにおいても積極的に活躍する。

脩平 斎藤

脩平
斎藤

株式会社Incubit

提灯やの息子で、プログラマーを目指しています。

脩平 斎藤

脩平 斎藤

株式会社Incubit

提灯やの息子で、プログラマーを目指しています。

日本大学法学部経営法学科所属。大学でグローバル人材の研究をし、その後カナダへ一年間留学。就活の際に普通の就職に違和感を覚え、起業を目指す。その第一歩として、WEB開発を行うべく、未経験ながら株式会社インキュビットのインターン生エンジニアとして日々技術の勉強と新しいサービスを模索中。

Ryo Sato

Ryo
Sato

embo

「面白い本が言語や有名無名に関係なく世界中で読まれるサービスを作っています」

Ryo Sato

Ryo Sato

embo

「面白い本が言語や有名無名に関係なく世界中で読まれるサービスを作っています」

前職で大企業向けのITコンサルタント兼アプリケーションエンジニア。小説を書くことが好きだったことから、自分の書いた本が日本だけでなく当たり前に世界に届く仕組みを作ろうとプロジェクト立ち上げる。コア技術の基盤を固めつつ、出版社や国際ブックフェアでのヒアリングを重ねた後、Team360の1期に参加しビジネスモデルを考案。現在は開発の実作業を進行。考え方のものさしになっているほど好きなモノは、ジブリ映画、ほぼ日刊イトイ新聞。

Issei Fujiwara

Issei
Fujiwara

ゾイシア株式会社 代表取締役社長

「2013年は家にいながら日本全国の農場で農業体験ができるアプリ「さんちょく!」をつくりました」

Issei Fujiwara

Issei Fujiwara

ゾイシア株式会社 代表取締役社長

「2013年は家にいながら日本全国の農場で農業体験ができるアプリ「さんちょく!」をつくりました」

1982年 静岡県出身  横浜国立大学 教育人間化学部 卒業 映画配給会社勤務を経て、2008年よりACCESSPORT株式会社にて、国内主要メディアと各種インターネット事業を推進。Woopie動画検索エンジン(Yahoo!Japanをはじめとする国内ポータルサイトへの導入により国内シェアNo1獲得)、aimaゲームプラットフォーム(楽天、クレディセゾンをはじめ国内80社に導入)の事業推進において責任者を務める。2013年より現職。

Michiko Kato

Michiko
Kato

VIVA Artistic LiFE

「アート、グラフィックデザイン制作」

Michiko Kato

Michiko Kato

VIVA Artistic LiFE

「アート、グラフィックデザイン制作」

岐阜県出身。臨床医として勤務後、以前から興味のあったアート、デザイン系の留学(Exhibit Design and Visual Presentation科,FIT,NY)、美術館勤務(Exhibition graphic design, Children's Museum of Manhattan)を経て、現在アート、グラフィックデザインを作成しながら、そのパワーを日常生活に繋げられる様な活動を模索している。面白い活動をしている人々と、アート、デザインを通してコラボレーションしていきたい。麻酔科医との二足のわらじ中。

Aryu Yamada

Aryu
Yamada

株式会社パワービジョン 代表取締役

「東京で、WEBを使って世の中を面白くするビジネスを縁の下で支えてます」

Aryu Yamada

Aryu Yamada

株式会社パワービジョン 代表取締役

「東京で、WEBを使って世の中を面白くするビジネスを縁の下で支えてます」

WEBマーケティングのお手伝いをしてます。中小から大企業までいろいろ。最近はスタートアップのマーケティングを積極的にやってます。広く一般にもマーケティングノウハウを知ってもらうために、『ビジネス・マーケティングの読書会ビジマも開催しています。ライフワークとして、WEBマーケティングを中心に執筆もいろいろやってます。

Hiroshi Omata

Hiroshi
Omata

jig.jp

「ITを使って日本中の人が幸せになるような活動をしています」

Hiroshi Omata

Hiroshi Omata

jig.jp

「ITを使って日本中の人が幸せになるような活動をしています」

フライス工、組み込み・DSPソフトウエア開発、起業、フリーランス、外資系企業勤務を経て、現在、オープンデータの利活用を推進し事業を創生することを生業にしています。プライベートでも、Hack for Japan 復興マップ班、東北TECH道場、OpenStreetMap、Code for Japan等のコミニティを通して、地域活性化、社会課題解決を目指し活動しています。

Tsubasa Yumura

Tsubasa
Yumura

PhysVis

「プロジェクターや身近にある材料を使ってデジタル地球儀をつくっています。」

Tsubasa Yumura

Tsubasa Yumura

PhysVis

「プロジェクターや身近にある材料を使ってデジタル地球儀をつくっています。」

合同会社PhysVis代表/研究者/ソフトウェアエンジニア。地球や惑星のデータを投影するデジタル地球儀「Pulane」を制作。これの貸出、販売、受託開発ビジネスを科学館や研究機関へ向けて展開準備中。明治大学総合数理学部にて非常勤研究員。北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科にて社会人博士課程在学中。大学院修士課程ではJAXA宇宙科学研究所に在籍。International Space Apps Challenge Tokyo(宇宙のデータを使ったハッカソン)事務局長やニコニコ学会β運営委員などイベント運営にも携わる。

Patrick Pemler

Patrick
Pemler

Antenna

I help companies better understand consumers.

Patrick Pemler

Patrick Pemler

Antenna

I help companies better understand consumers.

Qualitative market researcher with 8+ years experience of planning and executing market research projects. Trilingual (German, Japanese, English), with 10+ years in Japan and an in-depth understanding of Japanese culture and consumer behaviour.

Yusuke Okamura

Yusuke
Okamura

Surface&Architecture 代表

「テレビやスマホを使った、魅力的な体験をつくってます」

Yusuke Okamura

Yusuke Okamura

Surface&Architecture 代表

「テレビやスマホを使った、魅力的な体験をつくってます」

UXディレクター。インターフェイスを生業として15年以上(汗)。趣味はトレイル・ランニングとボルダリング。

Misaki Iwai

Misaki
Iwai

HUB Tokyo

ホスト

Misaki Iwai

Misaki Iwai

HUB Tokyo

ホスト

早稲田大学卒業後、株式会社HUB Tokyo入社。ホストとして、HUB Tokyo内のスペース&コミュニティの運営を率いる傍ら、イベントマネジャーとして、年間数十個のイベントの企画および運営も行う。特に、「食」をテーマに、人々の価値観と生活に変化を生み出す企画「food catalogue」を準備。天真爛漫なキャラクターで「ケニー」の愛称で知られる。

Yu Ogawa

Yu
Ogawa

i.club

「地域の面白いものみつけ、それを活かした面白いアイデアを面白い人たちと一緒につくる仕事をしています!」

Yu Ogawa

Yu Ogawa

i.club

「地域の面白いものみつけ、それを活かした面白いアイデアを面白い人たちと一緒につくる仕事をしています!」

“地域の高校生に地元の未来を切り開く力を”。高校生が地元でイノベーションを起こすことに挑戦するクラブ活動”i.club”を立ち上げ、気仙沼、会津若松の高校生と共に活動する。夢は全国の高校生にイノベーション教育を提供すること。気仙沼の新名物:“なまり節ラー油”のプロデュース。ばばばっ、うんめぇ。 8年間の英国生活をはじめとする多くの海外経験や、東京大学i.schoolで受けたイノベーション教育を活かし、世界と日本の地域をつなげ、新たな価値創出に挑むプロジェクトにも参画する。 できる、できないじゃない。やるか、やらないか。

Koichi Maruyama

Koichi
Maruyama

コネクター

モノをつくるための、いろんな機械をいろんな工場向けに設計販売している小さな会社のセールスです。

Koichi Maruyama

Koichi Maruyama

コネクター

モノをつくるための、いろんな機械をいろんな工場向けに設計販売している小さな会社のセールスです。

家では3人家族(愚妻と愚息)で唯一の収入担当。会社ではセールスと言うことで、いろんな会社のいろんな人と会えて話ができることに、オモシロさと難しさを感じている今日このごろです。工場向けの製造装置を各種販売していますが、得意なジャンルは、電子機器の製造装置です。その中でもプリント基板関連のことでしたら、なおピンポイントです。

Hiroko Saito

Hiroko
Saito

フリーキャリアアドバイザー / チェルシーハウス

「皆が大人になった時、自分の足で自分の人生を歩めるようになる為の学生寮を作ってるキャリアアドバイザー」

Hiroko Saito

Hiroko Saito

フリーキャリアアドバイザー / チェルシーハウス

「皆が大人になった時、自分の足で自分の人生を歩めるようになる為の学生寮を作ってるキャリアアドバイザー」

フリーキャリアアドバイザー。NEWVERYフェロー。約2000名の就職転職支援に従事。多くの大人と接する中で、働く前の教育の重要性を痛感し、教育を変えるべく独立。自己肯定感と自主性を伸ばす教育と、やり直し出来る社会の構築により、納得感のある人生を送れる人を増やしたいと考えている。現在チェルシーハウスというopen community型の学生寮を立ち上げ中、キュレーター担当。教育、場作り、親教育系に興味有。将来セオリー通りでないキャリアを取材してメディアを創り、二極化が進む社会へのアンチテーゼを広めたいと企む。食と音楽があれば幸せな三十路一歩手前。

Shinya Tomohiro

Shinya
Tomohiro

株式会社日本戦略会計 代表取締役

「数字や証明書を通して、企業の実態と信用を伝えています」

Shinya Tomohiro

Shinya Tomohiro

株式会社日本戦略会計 代表取締役

「数字や証明書を通して、企業の実態と信用を伝えています」

単純に数字に軸足を置くのではなく、信頼を担保する会計士像を描いている。本業を通じて社会へ貢献する企業を後押しし、企業の長期成長を通じ社会貢献していくことを最重要課題とする。日頃は、よろず相談室としての機能を持つが、お客様の不適切な行動には「喝」を入れることもしばしば。 会計士生活も今年で12年目(2013年12月現在)、2児の父として、子供に胸の張れる仕事をする一方で、カラオケ大好き人間であり、飲めないが宴会好き。徐々に体が膨張しているのを気にしている今日この頃。

Otani Keisuke

Otani
Keisuke

KCmitF

「日本の零細中小企業のものづくりをシンガポールのデザイナーに繋げるコーディネーターです」

Otani Keisuke

Otani Keisuke

KCmitF

「日本の零細中小企業のものづくりをシンガポールのデザイナーに繋げるコーディネーターです」

KCmitFは、既にあるモノを海外で売るのではなく、市場を熟知した現地のデザイナーやショップとチームを組んで商品開発し、海外市場で継続的に売れるものづくりをコーディネート。10年以上に及ぶ様々なカテゴリや業態でのMD/バイヤー経験で培ったスキルとネットワークを活かし、生産で手一杯だけれども、キラリと光る技を持つ中小零細規模のつくり手や伝統工芸の職人さん達と、アイデア溢れるシンガポールのプロダクトデザイナーやアーティストを繋ぎ、スタートから海外市場に特化したマーケティングを織り込んだ「売れる」商品開発をコーディネート致します。

Membership

HUBberになると

HUB Tokyoのメンバーになると、あなたが変化を起こそうとする担い手であると同時に、たくさんの変化があなたにも起こります。

メンバーシップ料金

HUBのメンバーシップは柔軟に飛び回り、リーンに経営する、アントレプレナーの悩みを解決するためにデザインされています。月々の利用量に応じて、選ぶことができ、オフィス賃貸に必要な多額の保証金も入会金も無し。月単位で変更でき、地域やグローバルで活動する方にも最適。チームの変化にも対応できます。海外のHUBも1度に1日まで利用できます。

CLOSE

HUBbersになると…

SHARED アイデア、スキル、出会いがつながる

アイデアとスキルを他の人と共有する機会が沢山。点と点がつながり、ネットワークが拡大し、コラボレーションが起きて行く原点となります。

ピッチイベントやランチタイムを利用したスキルシェアミートアップ、ハッカソンなど。

INSPIRED 五感全てでチェンジを感じる

元工場のガレージ空間に集まる、刺激的な人々やアートとの出会いから得られるインスピレーションが、新たなアイデアのきっかけに。

DIYイベントや、アーティストとのコラボレーションイベント、最先端イシューへの深堀トークセッションなど。

ACCELERATED 結果のでる事業へ成長させる

事業として成立しなくちゃ意味がない。アウトプット思考、結果を重視し、さらにインパクトを拡大させるために、チームでブラッシュアップする、次のステップへのアクセレレーター。

ラーニングプログラム、チーム360やその他の起業家プログラム、また、英語でのミートアップや英語レッスンなど。

TAPPED 世界のチェンジに触れる

世界中で起きている「チェンジ」のベストプラクティスを、IMPACT HUBのネットワークを介して知る、学ぶ、そして活かす。

世界6000人が集うHUB独自のSNSへの参加、海外のHUBからのメンバーとの交流、世界の他のHUBを利用するGlobal Passportなど。

メンバーシップのプライスリスト

CLOSE

Programs

プログラムのコンセプト

HUB Tokyoは、社会に変化を起こすスタートアップが生まれる場を目指し、起業家プログラムを多数用意していきます。1時間セッションから14週間のブートキャンプまで。一人のものから、グループで学習していくチーム・ラーニングのプログラム(TEAM360等)まで。HUBメンバーやアライアンスパートナー、海外のHUBと共同で創りだすものも。多様な幅のプログラムを実施し、どんなステージの起業家にも新しい「成長(Grow)」プロセスを提供します。

Your & Hub

起業家やプロジェクトリーダー

  • 仲間を見つける
  • アントレプレナー向けのプログラムに参加
  • 他のアントレプレナーと悩みを相談する
  • HUBをオフィスにして起業する

コミュニティ運営者

  • HUBコミュニティで新しいアイディアや人に出会う
  • HUBでイベント開催する
  • アントレプレナー向けプログラムに参加
  • クリエィティブなスペースで打ち合わせ
  • オフィスとして使う

アーティスト

  • ギャラリーを使う
  • アーティスト仲間を増やす
  • アーティスト向けメンバーシップ
  • アトリエスペース
  • オフィスとして使う

企業の新規事業部/CSR部

  • HUBのアントレプレナーとコラボする
  • 社員のサテライトとして利用する
  • 企業向けグループ・メンバーシップに入る
  • 社内のワークショップを開催する

Contact & Access

Contact/Enquiry お問い合わせ

CLOSE

一般的なお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。イベントスペースの問い合わせは別のページからできます。→イベント予約&空き確認

Thank You!

Website design & illustration by Jay Horinouchi ・ Direction by Shino Tsuchiya ©2014HUB Tokyo