日本で学ぶ機会の少ないストーリーテリング。
影響力のある自分だけのストーリーを伝え、ビジネスを成長させよう。

 

あなた自身のストーリーがオーディエンスとの距離を縮める
あなた自身のストーリーがオーディエンスとの距離を縮める

HUB Tokyoでは、+ACUMEN TOKYOと協力し、世界中に広がる社会的投資のネットワークACUMEN(旧アキュメンファンド:Acumen Fund)が提供する無料コースをサポートしています。

 

HUB Tokyo では9月18日(木)19:00より「社会を巻き込むビジネスを創るための、ストーリーテリング術4週間。 」のコースを受ける人たちのための場所をホストします!

ご関心のある方は、以下のコース案内をご確認の上、こちらのページからご登録下さい。

https://acumenhubtokyo.doorkeeper.jp/
いままで3回やってきたAcumenコースが今回さらにバージョンアップ。今回は影響力のある自分だけのストーリーを事業プレゼンや、チームの仲間集めに最大限に活用できるストーリーテリングのスキルを鍛えます。

 

演劇とビジネスを組み合わせたトレーニング研修やコーチングを提供するインターナショナルカンパニーのアリエル・グループと、社会課題解決型ビジネスのサポートをしているAcumenが共同で開発したプログラム。

 

起業家にとって、今ある事業をスケールさせるためには、資金や、人材、ネットワークといったあらゆるリソースが必要になります。その時絶対的に必要になるスキルは、ストーリーテリング術です。自分だけのストーリーを伝えることで共感を呼び、周囲に行動を起こさせます。

 

日本ではなかなか学ぶことができないストーリーテリングのスキルは、よくある詰め込み型のビジネス書では到底カバーできないものです。

このコースでは、アリエルグループが長年舞台演劇等で培ってきたノウハウや知識を活かしながら、4週間のコースの中で、ストーリーの組み立て方や伝え方を徹底的にまなぶことができます。

 

世界の他の都市で既にアントレプレナーを含む100以上の組織の人々が受講。その声を聞いてみよう。

 

・「お決まりのビジネスプレゼン」ではなく、自らの体験や想い等の感情を交えることで、それをきくオーディエンスの反応が相当変わった。

・ 聴いている誰もが、そのストーリーの中に引き込まれ、自分事のようにきくことで、より理解を深められる。

 

一年に一回の貴重な受講チャンス!今申し込もう。(添付: Doorkeeperのリンク)

 

この記事に関連する他の記事

コメントを残す