160620_recruitment.001

 

「場づくり」の分野で、パートタイムのお仕事の求人募集です!

多文化が混沌として集まる「Impact HUB」のストーリーに参加しませんか。

 

朝8時30分。目黒川沿いに会社へ向かうサラリーマンたちが駅へと向かっていく中、自転車で逆走しながら、下町のような細い路地を通り抜けていくと、古くてもしっかりとした佇まいの、アンティークのようなビルが見えてくる。

 

シャッターを開けて、空気を入れ替える音。

窓を開けて、光を入れる。

コーヒーを入れて、音楽をかけて、自分の一番のお気に入りの「ラウンジ」みたいにして、リラックスする。

 

すると、次々と、「おはようございます!」と、人々が入ってくる。

それに、あなたが答えます。「おはよう!」

そう、朝のオフィス開店。Impact HUB Tokyoの1日は始まります。

 

さて、この度、Impact HUB Tokyoでは、この朝の「おはよう」を言ってくれる人を募集します!

その他にも、イベント作りや飲食起業家も募集しますので、ぜひ読み進めてみてください!

 

アイデアと事業がうまれるには、「ヒト」が重要だ。

 

いままでのImpact HUB Tokyoのチームは、「ヒト」重視。いつも「People First, Space Later(ひとが先、場所があと)」というスローガンを唱えていました。この言葉は、他の世界中のHubのファウンダーたちと、とことん語り合った末に、チームが行き着いた言葉。それをこの3年間、忠実に守ってきました。

 

そんな中、生まれたのが、このチーム。凸凹がたくさん。個性がたくさん。カフェを作りたくて入ったけど、気がついたらカフェを超える場づくりの大黒柱になったヒトもいる。日本で意味のある仕事をしたくてビザを獲得して入ったヒトもいる。地域の起業家支援に携わってきて、今度は世界の起業家支援にたずさわりたくて入ったヒトもいる。みな、自分が何かをおこしたくて、また、何かをおこそうとする人たちを励ましたくて、ここに集ってきています。その思いが一致しています。

 

その思いが日本だけにとどまらずに、世界中にあるということ。それがImpact HUBで働く醍醐味なのですが、そのようなネットワークに接続された状態で働くのも、とても面白いものです。自分で取りに行かなくても、面白いものがどんどん入ってくる。こんな面白いプロジェクトやイベントに出会えるのも、私たちは恵まれているなあ、と常々感じます。

160620_recruitment.004

 

 

場所に新しい息吹を。Impact HUB Tokyoのアップデート3.0。

 

わたしたちはオープンしてから3年間、「場」にいろんな投資をしてきましたが、いつもこころがけているのは「柔軟に、いつでも変えられるような場所」です。最後に私たちの場所にいろいろ手を加えたのは1年半前。

 

その時は、T-plasterさんにお願いをして、さまざまなところを「粗末なアンティークな場所」から「味わいのあるかっこいい場所へ」変えてもらいました。大々的な工事がたくさん入りましたが、それによって単なる「印刷工場跡地」だったものが、「イノベーションスペース」へと変わっていきました。

 

160620_recruitment.006

 

そうして1年以上経った今、私たちは次の「アップデート3.0」を考えています。それは大々的な工事によって変わるようなものではなく、「毎日、毎日の積み重ね」で変わるもの。それは単なる場のデザインだけではなくて、どういうコミュニケーションにするか、どういうサインを置くか、どう場を使っていくか、そういったことを1つ1つ仮説検証しながら、コミュニティに合ったものを作っていきます。

 160620_recruitment.005

ひたひたと、こつこつと、時間をかけて完成させる

本音をいうと、わたしたちのスピードはちょっとノロノロだったかもしれません。東京にあるたくさんのコワーキングスペースやコミュニティスペースよりも、確定したデザインや空間ブランドを提示していないし、店舗やオフィススペースとしても中途半端に見えると思います。オープン時にはとてもショボくて、だれもが「こんな場所がオフィスになりうるのか」と疑問を持ったと思います。

 

でも、私たちの目指すのは、「サグラダ・ファミリア」

運営開始当初より、「運営から5年かけて、ようやく最終形が見えてくる、ぐらいの遅々とした完成具合で行こう」という目標を掲げて、急がず、焦らず、コツコツと進めてきました。そして、今4年目に突入した中で、またじっくりと達成して熟成させられる場づくりを考え始めました。

 

160620_recruitment.002

 

コミュニティがはっきりと見えてきた今、私たちは自信を持って、次のステージに進めるような気がしています。私たちのコミュニティは、「インパクトを作り出すことを考えている人たち」が集まっていること。「インパクト」の定義は、ひとそれぞれのようですが、総じて「社会に影響を与える」ということに近い形で考えている人が多いようです。

 

それは、安易に「社会起業家」と括られるわけではなく、自分が本当にやらなければならないことを考えながら、そして、自分が「楽しい!」と生き生きしながらできることを追求する。そんな人生観や仕事観を反映した、価値観の集合なのかもしれません。

 

いろんな色の石を、ひとつひとつ積み重ねて行こう。

 

この、Impact HUB Tokyoの「サグラダ・ファミリア」プロジェクトの最終盤として、たくさんの人たちが関わる場づくりのあり方を模索し始めています。これからは基礎部分ではなくて、装飾や手触りやエクスペリエンスがもっともっと豊かになるような「設計」をしていくのです。1つ1つの小さな石を積み重ねていく時期に入りました。

 

たくさんのいろいろな色の石が積み重なっていくことを期待しています。ガウディが毛の生えたような建築を目指して作っていった「サグラダ・ファミリア」のように、いろいろな人が有機的につながりあい、痕跡を残していく場を作っていこうと考えています。

 

今回募集の業務

 

今回、募集するのは正社員ではなく、パートタイムか業務委託であるのも、それが理由。ご自身のプロジェクトやフリーランスの仕事や、家庭や他のパートタイムを持ちながら、関わることを考えている人がメインの対象です。

 

どちらの募集も、仕事の対価を正当にお支払いする上に、Impact HUB Tokyoのメンバーシップをお使いいただけますので、起業準備中、研究中、静かなワークスペースで仕事をしたい、家ではないところで作業したい、という他の仕事やプロジェクトがある方に、もってこいのお仕事です。

 

①ホスティング(平日朝&土日祝日朝)

 

ホスティングと呼ばれる運営補佐(総合業務)、施設管理・営業・接客・カスタマーサポート業務です。

今回は平日朝時間(8:30am – 11:30am、水曜のみ13:30まで)の勤務か、土日祝日朝(9:30 – 13:00) の勤務で選んでいただきます。

難しい内容はなく、私たちの方で用意した業務マニュアルに沿って、朝のホスティング業務を行っていただくのがメイン。それに加えて、気付いた点や改善した方が良い点があれば、積極的に提案していただけることを期待しています。

また、この業務で役立つのは、接客、飲食・カフェや雑貨店・小売店、ホテル、旅館等、での勤務経験を持つ方。そのような経験がある方を優先的に採用させていただきます。

 

午前中の時間をうまく使いたいパートタイマーの方、フリーランスの方に、もってこいのお仕事です。また、将来的にカフェや飲食などの開業を考えている方などにも、とても良いネットワーク作りと経験作りになると思います。

 

②問い合わせ・イベント予約対応

 

こちらも顧客サポートの一環ですが、在宅・リモートワークでのメールのやりとりの対応とイベント開催時(平日夕方が多いです)のImpact HUB Tokyoでの勤務での組み合わせでできます。固定+出来高制になります。

こちらも業務マニュアルに沿って、メールや電話での対応を行っていただき、また、イベントスペース利用者のチェックイン・チェックアウトを管理していただく形になります。

 

まずはイベントが大好きな方やイベントをご自身で行うことがある方、大歓迎。イベント主催者の気持ちを十分に理解して対応いただけると思います。また、メールでの対応経験がある方を優先的に採用させていただきます。

 

また、平日なら夕方や夜の時間を比較的空いている方にもうってつけです。イベント開催時の待ち時間はImpact HUB Tokyoのコワーキングスペースでお仕事や勉強などに専念していただくこともできますので、学生の方でも可能です。

 

③飲食系起業を考え中の方

さらに、最後にはカフェやバー、レストランなどの飲食店や飲食サービスをこれから開業・または既に開業されていてさらに展開していこう、と考えていらっしゃる方々を募集いたします。

 

現在、Impact HUB Tokyoではキッチン&ラウンジ部分において限定的な飲食店舗展開の可能性を検討しており、その際に、ぜひ一緒に考えていただける方を募集しています。目黒2丁目の立地を生かし、ユニークなお店を一緒に作りませんか?こちらは業務委託やパートタイムというよりも、協業をイメージしています。

 

①②につきましては、以下の募集要項をよくお読みの上、気になったらすぐにフォームよりご連絡ください。先着順でミーティングや面談をしていきますので、ぜひすぐにご連絡を。

 

また、③につきましては、info@hubtokyo.com までご連絡を。ご興味を持たれた背景やご自身の状況についてメールにてお知らせいただければ、すぐにミーティングを設定する予定です。

 

以下、①②については、募集要項をよくお読みの上、お気軽にご連絡ください。

お待ちしております!

 

募集の分野 スタートアップオフィス、クリエイティブスペース

場づくり・カフェ店舗の運営、イベントの管理

職種 以下の4種類に関して、募集いたします。

①ホスティング(平日朝&土日祝日朝)

②問い合わせ・イベント予約対応

それぞれの職種に期待する内容は、上記本文中の記載をご覧ください。

どんなスキルや性格の人が適応しやすいか? ・明るく前向きで、元気のある方

・どんな仕事でも真剣にとりくめ、真面目な方

・接客経験があり、顧客、店舗内の状況、イベントの観客などについて観察、気づき、細かい気配りをするのが得意な方

・自分のスキルを試したい方、独立を考えている方やフリーランスで活動する上で自分のスキルを少しでも生かし自身の収益にしたい方

・事業化に関心・意欲のある方、収益を作ることに意欲がある方

・日本だけでなく様々な国の文化に興味があり、実際にいったことがあったり、また、多様性を楽しむことを重んじている方

どのような人にはベネフィットがある仕事か? ・今後、自分が何をしたいかを模索している方、またははっきり見え始めてきた方。また、その方向性において、Impact HUB Tokyoのネットワークを活用できそう、とお考えの方。

・Impact HUB Tokyoについてのオンラインなどでわかる限りの基礎的な知識を調べてあり、その提供する価値について理解し、共感している方。

・さまざまな事業をしている人たちに出会うことで、自分の事業アイデアややりたいことを少しずつ形づくりたいと考えている方。情報やアイデアを吸収したい段階にいらっしゃる方。

一緒に働くImpact HUB Tokyoのチームの文化や職場に合うのはどんな方か? ・難しい問題が起きても粘り強く対処でき、一つ一つ落ち着いて対処することができる方。(日々本当に変わった人が出入りするので、常識では考えられない、いろいろな予期せぬことが起こります!でも、冷静に対処し、ルールに縛られず、柔軟に、合理的に考えることがとても大切です。)
・チームワークを大切にし、透明性のあるコミュニケーションで、報告・連絡・相談を躊躇なく素早くできる方。(チームは全てのコミュニケーションが透明で、情報は全部オープン。気軽に相談しあうカルチャーです。)・語るだけでなく動ける方、実行力のあり、結果を出すことに喜びを感じる方。(いろんなアイデアパーソンがいる中、結果につなげられる人が評価されます。)・舞台やお祭りのときに「裏方」のような役割が楽しめる方(自分にスポットライトは当たらないけど、裏で回して全てをデザインしていることがほとんど。そんな仕事に密かな喜びを感じられる人に向いています)
契約形態と給与 ・パートタイム(時給980円以上からスタート。経験によって相談します)

・または、出来高や月額固定の業務委託契約

福利厚生 ・パートタイムの場合、週の勤務時間数によって、社会保険完備(健康・雇用・労災)
それ以外の

ベネフィット

・起業家、フリーランス、事業経営者、投資家、クリエイター、プログラマーなどがあつまる場で、本当に多様な価値観や文化をもった人たちと出会え、刺激や面白いストーリーに出会えます。
休日・休暇 土日営業もあり、シフト制により、個人それぞれ休暇が異なります。

年末年始、夏季休暇、GW休暇は休館いたします。

選考プロセス まずは下記より、ご応募・お問合せください

選考と面談 (7月半ばごろまで)

チーム面接と最終面接(7月末まで)

採用(8/1から開始)

 

応募はこちらから

 

 

 

 

この記事に関連する他の記事

コメントを残す