今回取り上げるHUBbersはNPO法人「桜onプロジェクト」の田中孝幸さん。 NPOの代表という肩書きを持つ、彼の本当の姿は「人の人生に新しいストーリーを創る花屋さん」です。フラワーデザイナー&ランドスケープデザイナーとして培った経験とスキルを活かし、花をツールに人々の人生というストーリーを豊かにするための新たなサービスを提供しています。

東日本大震災によって奪われてしまったいくつもの物語

Tanaka2

Tanaka1

桜on牡鹿半島・十八成浜プロジェクトにて、住民と一緒に桜を植える田中さん

NPO法人「桜onプロジェクト」は桜をツールとして、震災によって失われた地域のストーリーを新たに紡ぎ直すプロジェクトです。震災は人の命や建物と一緒に、そこに住む人々が持っていた隣人や地域との“関係性”も奪っていきました。こうした関係性は、そこに生きる人達一人一人が持つ、固有のストーリーを作っていたものです。どれだけ復興が進んでも、一度失われてしまったストーリーを取り戻すことはできません。

田中さんは“花と植物をツールにした”空間デザインを専門とします。彼の仕事の真骨頂は、ただ花を装飾したり配置したりするのではなく、その花々に出会うことになった人達に新しい体験やストーリーを届けること。この力を使って、被災地に何かできないかと思い、友人数名とはじめたのがこの「桜 on プロジェクト」です。季節ごとに桜の回りにはたくさんの人達のストーリーが生まれます。「一本の樹に無数の想いや記憶が重なって行くのを目の当たりにする。この桜を、地域の人々と一緒に植えて育てていくことで『300年先の物語創り』をしている」と田中さんは語ります。

ビジネスとしての「桜 onプロジェクト」

よくあるNPOによる復興支援、と見えつつも、田中さんが大事にしているのは「桜 on プロジェクト」をビジネスとして実践すること。企業に対する人材育成や組織開発のパッケージとして提案し、収益事業として回しています。「もちろん苦労も死ぬほどあるけど、国の助成金などに頼らず、地域がジブンゴトになって、継続的な関係を築いていくためには必要なスタンスだ」と言います。 Tanaka_Baner

「桜on寒風沢島プロジェクトにて、プロジェクト参加者を見送る田中さんと寒風沢島の島津区長」

Tanaka3
Sabusawa Walkのモバイルアプリ

例えば、2013年に行われた「桜 on 寒風沢島プロジェクト」では、40名近い企業人が上陸し、30本の桜の苗を植えながら、地域の住民たちと交流をしました。「企業内で企業人として生活していると感じない感情に気づいた」「明日からの働き方が変わりそう」「この桜が咲く頃に、また皆で寒風沢に来たい!」そんな声が生まれるのも当然。地域と参加者との間に、桜が触媒となって未来のストーリーが生まれる、そんな瞬間です。

また、観光振興によって島に元気を取り戻すため、島の住民と一緒に「Sabsawa Walk」というウォーキングアプリを開発し、観光客に島の魅力を伝えるプロジェクトをはじめました。アプリのローンチに合わせて、HUB Tokyoでもイベントを開催。目黒の印刷工場跡地に、島の長や漁師の皆さんも駆けつけ、盛大に盛り上がりました。

 

花で紡ぐ、人生という物語(=ストーリー)

1781243_617661121647851_1347988990_o

田中さんの作品

そんな起業家田中さんが「桜 on プロジェクト」の活動と平行して進めるのは「新たな花屋」のモデルを日本で実践すること。「花や植物が果たせる役割と可能性はまだまだ存在します。今まで業界がさぼって来ただけです。花や植物は、ひとりの人の人生や、関係性や、価値観をも一瞬にして好転変化させられる爆発力をもっているから、それを徹底的に追求・演出してクリエイトしていくことで、誰もが“new story”と出会える花屋です」と田中さん。一人の起業家として、新たな事業の進行中です。自身のデザイナーとしてのスキルと、桜 on プロジェクトでも培った花を触媒に人のストーリーを紡ぐことを組み合わせた、“全く新しい花屋”の体験を届けるべく奔走する田中さんの姿は、まさに「アントレプレナー」と言えます。

======================================================

67.Tanaka_Takayuki

田中孝幸 NPO法人 桜onプロジェクト代表

HUBでは桜onプロジェクトの代表として、桜をツールにして日本中の人と地域の“ストーリー”の発見・再編・創出・記録、300年先の昔話を創っている。花と植物をツールにした空間創りや関係づくり・ランドスケープが専門。「全てのものごとに物語は宿っている」を信条に、地域に渦巻く“物語性”を都市生活者の“日常”に活かすノウハウを構築。それを基に企業や組織の人財活性プログラムを桜onプロジェクトでビジネスとして提供している。一方でHUBの外では、フラワーデザイン、ボタニカルデザイン、ランドスケープデザインの分野で細々と生息。しかし、細々とやっているのが心地良く成りかけていたところに、恒例の「世の中にぶち込みたい」欲求が降臨したので、2014年度は信条を限定的に「全てのモノゴトの細部に神と物語は宿る」に切り替え、“世の中への花と植物の効果効能可能性”をエネジェチックに具現化することにしたという。前代未聞の新しい花屋の名前は「United Flowers」というらしい。

この記事に関連する他の記事

コメントを残す