About Us

Who We Are

人と人との
繋がりを活かして
加速する

Impact HUB Tokyoは起業家による起業家のためのコミュニティです。多様な事業やアイデア、価値観を持つ起業家が集まり、人と人とのつながりを活かして各人が事業を加速させる。そんな、人との繋がりを通して変化と成長を起こすコミュニティだからこそ、私たちは「People first, place later」の精神で人への投資を何より大切にしています。

Founder’s Message

Impact HUB Tokyoを起こしてはや7年。
「コトを起こすことに燃える人たち」と出会うたびに、私たちはその出会いにどんなインパクトを生み出すことができるのかを考えてきました。

Read More

Our Team Member

チームメンバーを見る

History

  • 2011

    • HUB Westminsterの設立者の価値観に共感した槌屋が当時アジア初のHUB設立を決意。
  • 2012

    • 槌屋が共同代表となるポチエに出会い、世界で37番目のHUBとしてHUB Tokyoを設立。
    • 2012年末、まだ施設のリノベーションが進む中、オープニングピッチイベント「Spark Plug」を実施。まだ無名だった起業家たちが事業ピッチを行ない、「社会起業家たちの秘密基地」と呼ばれ始める。
  • 2013

    • 2013年2月11日、グランド・オープン。起業家、フリーランサー、アーティスト、エンジニア、会社員、NPOスタッフなど多様な人々が集結し始める。
    • 6月、「チーム・ラーニング」の手法をいち早く取り入れたアクセラレーター・プログラム「Team 360」を開始。
  • 2014

    • 世界中のHUBが「Impact HUB」へと名称を変更、「Impactにコミットする」ということを表明した。Impact HUB Tokyoへと改名。
    • 「社会起業家」という言葉を使うのをやめ、「起業家」全てを対象にするようにビジネスモデル全体を変更した。
  • 2015

    • Impact HUB Tokyoのコミュニティを観察した結果、集う人々が共有する価値観として方程式「Question + Action = Impact」が誕生する。メンバーと共に外壁にこの方程式を刻んだ。
    • 4月、起業家の失敗談を共有し、失敗のタブーに挑むイベント「Fuckup Nights Tokyo」が、HUB主催で開始。
  • 2016

    • 国外でのソーシャル・イノベーション、働き方、起業家、などに関する情報を、日本の読者に向けて情報を発信していくメディア「Impact Compass」を開設。
  • 2017

    • 1月、WWFジャパンとの共催で、日本初の持続可能な水産業起業家支援を目的としたアクセラレータープログラム「OCEANチャレンジ」を始動。
    • 9週間でフルスタックエンジニアを目指すコーディング・ブートキャンプ「Le Wagon Tokyo」が始動。
    • 7月、起業家プログラムに参加するメンバーがラウンジスペースに「カフェFitzroy」を開業。施設の一部を外部にもオープンにしたことでコーヒーを通じて地元の人たちとの交流も盛んに。
  • 2018

    • 8月、行政、企業、起業家、そして生活者を"市民"と捉え、セクターを超えた市民が事業を生み、加速するコミュニティとして、シビック・イノベーション拠点「スナバ」が長野県塩尻市にオープン。事業運営支援が開始。
    • 12月、都市に一極集中するモノ、カネ、ヒト、などのリソースを分散させて、イノベーションの蛸壺化に挑戦する意気込みを「イノベーションの民主化」と表し、新たな時代へ向けたメッセージを打ち出す。
  • 2019

    • TOKYO SPICE CURRYは、毎週火曜の定番メニューに。ファンも多いこのカレーが毎週食べられるワークスペースは、都内でここだけ。他にも食の起業家によるトライアルキッチン利用が増加。
    • 静岡県浜松市にて、新イノベーションハブ拠点の設立に携わる。浜松磐田信用金庫と共同で、設計からコミュニティ運営企画まで、全てをImpact HUB Tokyoのチームとコミュニティメンバーたちがタッグを組み、提供。
    • 新しい起業家育成プログラムの仮説検証を開始。「働く場」、「起業する場」から、「人と共に学び、成長する場」としての役割を強化した運営へシフト。
  • 2020

    • ザザシティ浜松にて新イノベーションハブ拠点をオープン。目黒チーム、浜松チームの2拠点体制での運営へ。不動産としての空間ではなく、有機的につながるコミュニティの多拠点経営を目指す。

Impact HUB Global Network

有機的なエコシステムをもつ
グローバルなコミュニティ

イギリス・ロンドンで2005年に初めて開設され、現在では、世界約100箇所以上で展開している世界最大規模のグローバルな繋がりを持つ起業家のネットワークです。“シェアオフィス”という枠組みを超え、社会変革や挑戦を行う中で、お互いに学びや知識、経験、ネットワークをシェアしようとする、有機的なエコシステムをもつグローバルなコミュニティを我々は目指しています。

Company

会社名
株式会社 Hub Tokyo
事業名
Impact HUB Tokyo
住所
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
電話
03-6873-8531
役員
代表取締役 槌屋 詩野
取締役 ポチエ 真悟
設立
2012年5月1日
資本金
1750万円(2017年3月現在)
事業内容
・会員型シェアオフィス運営事業
・インキュベーション事業
・起業家育成事業
・イノベーションに関するリサーチ及びコンサルティング事業
・空間設計に関するリサーチ及びコンサルティング事業

Access

【電車の場合】JR 山手線、都営三田線「目黒」駅から徒歩約8分
【バスの場合】渋谷駅東口より東急バス72 系統に乗車し「大鳥神社前」バス停下車。徒歩約3分