Impact HUB Tokyo

ACCELERATOR PROGRAM

Startup in ResidenceGenomeResidence 2018.02.01

Startup In Residences紹介:Awakens(アウェイクンズ)高野誠大、松田祐太

Pocket

AWAKENS, Inc. は国内外でゲノム(ヒトの遺伝情報)を活用した事業と研究に携わった経験を持つメンバーから構成されます。「ゲノムが持つ可能性を全てのヒトに届けたい」という思いから、2017年1月に創業しました。現在は米国を拠点に、ゲノム教育とヘルスケアの分野を中心に、ユーザーと開発者双方が信頼できる、ゲノムサービスの新しい生態系構築を目指しています。

 

Co-Founder / Director

高野誠大 / Takano Tomohiro

国際基督教大学大学院卒業後、社会にインパクトを生み出す起業家のコミュニティ型インキュベーションオフィスImpact HUB Tokyoの立上げに参画。スタートアップ流の事業立上げ手法と国内外の起業家ネットワークに触れる。その後、医療ベンチャーのエムスリーゲノムビジネスグループにてG-TACの立ち上げに参画し、世界最大の医師ネットワークの中でゲノム医療プラットフォームの構築に挑戦する。2017年、ゲノムの持つ可能性を一層広げるためにAWAKENS, Inc.を設立。

 

Co-Founder / Director

松田祐太 / Matsuda Yuta

東京大学および東京大学大学院にてゲノミクスを専攻。修士課程を卒業後、新卒で入社した株式会社DeNAにて遺伝子検査MYCODEの立ち上げに携わり、東京大学医科学研究所と連携し、サイエンスチームの責任者としてサービスのコアとなる部分を構築。立ち上げ以降も、DeNAヘルスケア事業の新規事業リーダーなど、事業部のコアメンバーとして活躍。2017年、AWAKENS, Inc.を共同設立し、現在に至る。

SaveSave