「#移住とWork at home」noteのマガジン連載を開始!

二年前に長野県の飯綱高原に新築のログハウスを建設し、移住した共同創業者の槌屋とポチエ。その三年前には前段階となる軽井沢に引っ越し、シームレスな移住のための仮説検証として「自分たちのスタイル」に合うかどうかの検証を重ねていました。

 

現在の移住先、飯綱高原の土地に最初に降り立ち、購入を検討していた際の槌屋とポチエ
現在の移住先、飯綱高原の土地に最初に降り立ち、購入を検討していた際の槌屋とポチエ

 

 

そんな二人にとって、最近話題の都会からの移住やリモートワーク、ワーケーションというトレンドはどのように写っているのでしょうか?経営と家庭の両立、都会と地方のシームレスな移動とコミュニケーションのハック、生産性とリモートワーク、そして自然と共に暮らす生活から学んだシステム思考などなど、移住とWork at homeについて論じたマガジンでの連載が始まります。

 

新築でログハウスを建てる選択に至った哲学もお話しします
新築でログハウスを建てる選択に至った哲学もお話しします

 

今後10本以上のnoteを公開予定です(現在、5本まで公開済み)、ぜひご覧ください。

 

⇨ noteでのマガジン連載はこちらからご覧いただけます!