NewsPicks「2021年業界大予測」に槌屋が寄稿しました

 
【移住促進で問われる都市と地方の関係性、家族の形、教育の価値】
 
NewsPicksの2021年業界大予測という特集に弊社代表の槌屋が寄稿しました。
 
「移住ビジネス」、「多拠点」、「コミュニティ」という3つの側面においてコロナ禍で一躍トレンドとなった移住について考察しています。
 
・日本での「都市と地方の関係」の文化醸成はまだか?
・移住先の選定には「行政の質」が大いに関係してくる
・価値を生み続ける人材を集積させる手段としての移住招致
・問われる家族の形、そして教育の価値
 
など移住をする側、そして受け入れる側の二つの視点から、今後変わっていくであろうライフスタイル、
そして移住ビジネスがもたらす変化について書かれています。
 
この特集の詳細はこちらからご覧ください。
 
 
 
 
また、「移住」について関心をお持ちの方には以下のnote記事もおすすめです。
 
移住失敗の2大要因:行政による移住誘致PRの罠と揃わない家族対話
 

移住と「教育をアウトソースしない」という選択

「移住を考えはじめたチームメンバー」に対して、私たちは何ができるのか?

 

「移住」関連のnoteはこちらの「移住とリモートワーク」というnoteのマガジンでまとめられています。

今後も定期的に更新予定ですのでぜひチェックしてみてください。