Impact HUB Tokyo

MEMBERS2018.02.02

【メンバー活躍中!】昆虫コオロギの養魚飼料の実用化に挑む葦苅さんインタビュー記事

Pocket

水産養殖に欠かせない新たな代替試料作りを、持続可能な観点から

昨年Impact HUB TokyoとWWF Japanが共同で開催した「持続可能な水産業に特化した起業家育成プログラムOceanチャレンジ by Impact HUB Tokyo」の第1期卒業生である、葦苅晟矢さんのインタビュー記事をご紹介します。
「誰も成し遂げていない昆虫コオロギの養魚飼料の実用化に挑む」

 

起業家育成プログラムから現在まで早稲田大学に在学中の葦苅さんは、現在ECOLOGGIEを立ち上げています。

水産養殖に欠かせない飼料自体が魚であり、その生産量にも限界が見えて来ています。コオロギによってより良質な飼料を安定的に供給できるシステムを考え、実用化に向けて開発しています。

これからのますますの活躍を期待しています!

 

水産起業家育成プログラム2期も始まっています

昨年秋に開催したOCEANチャレンジプログラム1期生たちの活躍も目覚ましいですが、現在Impact HUB Tokyoではすでに2期生のプログラムも始まっています。今後彼らのピッチイベントも開催予定です、どうぞご期待ください!

OCEANチャレンジプログラムについて、詳しくはこちらから

関連記事