2/16 Valentine Lunch:チョコレートとワイン (Hubメンバー主催)

2018.02.1613:00~15:00

このイベントはメンバーオンリーです。 
グルメなことでおなじみなメンバー、近藤さん率いる「アセット・コミュニケーションズ」のみなさん+HUBホストのYukiko Hanafusaさんが、昨年のクリスマスランチに引き続き、日頃の感謝の気持ちを込めたバレンタインランチ会を企画してくださいます。

今年は隔月ペースでテーマ別ランチ会を企画予定。毎回、食材や郷土食をテーマに、「食」を通じて各地の風土や歴史文化を考える機会にもなるようアレンジしてくださるそうです。 
さて、今回(2018年2月)のテーマは「チョコレートとワイン」。bean to bar(カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を一貫して行う)がブームのショコラティエ業界ですが、目黒川沿いにもbean to barのお店が出来たようです。まずはビーントゥバー専門店 2-3店舗からchocolate bar を カカオの品種など味比べできるよう準備します。 
そしてワインですが、貴腐ワインの王様「ソーテルヌ(ボルドー、ガロンヌ河左岸、河口からかなり内陸)」は残念ながら訪れたことがないため、今回はバニュルス(コリウール近郊、地中海スペイン国境、赤の貴腐ワイン)をマリアージュしたいと思います。赤みを帯びた黒褐色の色合いで、口に入れた途端に香ばしいチョコレート、カカオのような甘い芳醇な香りが広がります。bean to barのカカオ風味の強いダークチョコレートに抜群の相性です。現地では特産のアンチョビに合わせたりもする、結構、力強さもあるワインです。

チョコレートだけでランチ?にはならないため、キッシュ、タリアテッレ(カカオ含有5%くらい、当日用に手打ち)など主食も用意いたします。「チョコレートとワイン」の耽美世界を堪能下さい。

【日時】 
 2018年2月16日(金)13:00〜

【テーマ】チョコレートとワイン

【MENU】 
<前菜> 
 キッシュ 
<メイン> 
 タリアテッレ(カカオ含有)、トリュフソース 
<チョコレート> 
 bean to bar専門店味比べ 
 ビスコッティ(カカオニブ含有多め) 
<ドリンク> 
 食前酒 当日準備  
 赤貴腐ワイン バニュルス 2本 
 ロゼワイン グルジア 1本

【参加方法】 
メンバーのみ 
定員:15-20名 
参加費:1,000円 
申込方法:HUBスタッフに連絡ください

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More