Impact HUB Tokyo

EVENTS

Open EventsAcumen ChapterMeetup 2018.04.15

最後の開催! Tokyo+Acumen Final Eventへのご案内

Pocket

このイベント情報は、https://tokyo-acumen-final.peatix.com からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


最後の開催! Tokyo+Acumen Final Eventへのご案内

これまでに
Tokyo+Acumenのイベントに参加してくださった方々、
Tokyo+Acumenのメンバーとして関わったことのある方々、
Tokyo+Acumenのイベント・活動に協力してくださった方々、
2011年~2018年の間、私たちの活動に関わってくださった全ての方々へ

このたび、「事業・リーダー・思想の普及への投資を通じて貧困問題への取り組み方を変える」というAcumenの活動・理念に賛同する有志で設立されたTokyo+Acumen(アキュメン東京チャプター)は、2018年4月末をもってTokyo+Acumenとしての活動を終了します。

+Acumenのグローバルチャプターネットワークは、オンラインコースを通してチェンジ・リーダーに向けた「オンラインコース」や世界中のコミュニティとつながる機会を提供し発展してきた結果、チャプターという形式の組織はグローバルで縮小/廃止されることになりました。今後は新しい形のコミュニティが出来上がっていくことになります。
2011年の設立以来、Tokyo+Acumenは「Acumenと、日本のチェンジメーカーをサポートする」ことをミッションに、インパクト投資・社会課題を解決するビジネス・リーダーシップをテーマとしたイベント企画、ファンドレイジングなど、さまざまな活動をしてきました。これまで皆さまから多大なご協力と支援をいただいたことに心からの感謝と、御礼を申し上げます。

****

Tokyo+Acumenのラストイベントとして、私たちは、これまで応援してくださった皆さま、Acumenに関心を寄せてくださっている方々との今後のご縁をつなぎ、私たち自身はもちろんのこと、参加者が関心を寄せるそれぞれの活動について、次の一歩を踏み出すきっかけとなる場を設けたいと考えました。懐かしい方々との再会の場になることも期待しています。過去のイベント一つ一つがそうであったように、この場には素晴らしい方々に集まっていただける(海外からのオンライン参加も予定しています)と確信しています。ぜひ、足を運んでいただけると嬉しいです。

前半と後半の二部構成を予定しており、前半はゲストを中心にしたダイアログ、後半はAcumenの提供するオンライン・コースのエッセンスを交えて、チーム別に進行する参加者主体のダイアログセッションを実施します。ぜひ、解決したい課題や構想中のプロジェクトを自由に持ち込んでください!Tokyo+Acumenのラストイベントが、その場に集まった全ての方々にとって、次のステップに向けた希望に溢れる場になるよう、心から願っています。
 
Tokyo+Acumen メンバー一同
◆イベント概要
【日時】4/15(日)14:00~18:00(開場13:40)
【場所】Impact Hub Tokyo
東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
http://www.eventspace.impacthub.tokyo/
【参加費】early bird 2000円(3/31まで) / 通常参加費(4/1~) 3000円
ソフトドリンク・スナックをご用意します。
※参加費は、会場費や当日運営費に充てる予定ですが、余剰が発生した場合にはAcumen本部に送金(寄付)する予定です。
【主催】Tokyo+Acumen

【キャンセルポリシー】:イベント日から起算して、以下のキャンセル料を申し受けます。
 前日23:59までのキャンセル依頼のご連絡:無料
 当日キャンセル・ご連絡がない場合:100%、
※キャンセル方法はこちらをご確認ください。

◆プログラム

【Part 1】14:00~15:30
What’s Acumen & Chapter’s Impact?
①Impact to the World:Acumenが世界に与えたImpactとは

2001年から、2018年まで、Acumenの活動、その活動の遷移・進化等をダイジェストで振り返ります
②Dialogue About Acumen & Dignity:ゲストを交えたダイアログ。
それぞれにとってのAcumen、そしてチャプター活動との関わりがどのような影響を与えたか、また今後どんな展望があるのか、Acumenが大切にする「Dignity」「チェンジリーダーシップ」等の哲学、オンラインコースやインパクト投資の際に重視されてきた「キーワード」について語り尽くします。

【Part 2】15:40~18:00
What’s Your Next Action?
解決したい課題やプロジェクトを提案した人が「テーマオーナー」となり、そのテーマに関心ある人が「サポーター」となって対話を深め、テーマオーナーは自身のプロジェクトや課題がどうすれば進むかを模索し、サポーターはどうすればそのテーマに貢献できるかを探究する場です。

(大体の流れ)
①テーマ出し~チームづくり
②ダイアログ
ラウンド1「そのテーマに対して本当に大切なことは何か?」
ラウンド2「その想いを実現する上で不足していること」
ラウンド3「シンプルで素早く取り組める次の一歩とは」
③全体共有

※メンター参加者等を予定しています。参加申し込み後にご案内する本イベントの非公開Facebookページにて発表予定です。

◆ゲストスピーカー、参加予定の方々(決定次第更新予定)

藤田周子 Chikako Fujita
Arc Finance(アークファイナンス)プロジェクトマネジャー

国内で民間企業勤務後、NPO法人にてインドでのソーラーランタン普及支援に従事。2010-2011年Acumenのグローバルフェローに選出されアメリカ・インド・アフガニスタンのインパクト投資・BOPビジネスの最先端で現場経験を積む。2012年より現職。主にインドのマイクロファイナンス機関が貧困層のエネルギーアクセス改善を目的とした小口融資の事業化で活動中。アークファイナンスは支援機関を通してこれまでに世界5カ国70万世帯にエネルギーアクセスを提供している。
 
小早川鈴加 Suzuka Kobayakawa
KIBOW社会的インパクト投資事業開発チーム・グロービスマネジメントスクール講師
リクルート社にてHR部門の営業リーダー職として勤務後、ネパールの国連開発計画にてレポーティングオフィサーとして元少年兵の修学・起業支援プログラムに従事。ネパールでは、米国大使館のサポートを受けた教育プログラムの運営も行う。その後Acumenのグローバルフェローに選出され、投資先のアフリカ・ナイジェリアのベンチャー企業にて新規事業展開をリードした。
グロービスでは、ファカルティ本部にて講師及び科目開発等に従事。クリティカル・シンキング、ソーシャル・ベンチャー・マネジメント、異文化マネジメントなどの研究・開発の傍ら、KIBOW社会的インパクト投資を通じた事業開発にも携わっている。
功能聡子 Satoko Kono
ARUN合同会社 代表
認定NPO法人ARUN Seed 代表理事
国際基督教大学(ICU)卒業後、民間企業等勤務の後、1995年よりNGO(シェア=国際保健協力市民の会)、JICA、世界銀行の業務を通して、カンボジアの復興・開発支援に携わる。 カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信し 2009年ARUNを設立。第3回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門受賞。

酒井可奈子 Kanako Sakai
ハウス食品グループ本社株式会社 新規事業開発部
「地方の課題解決と、都心企業の人材育成」(2015年〜) ハウス食品グループ本社株式会社の人材開発研修として、地域の課題解決を志す社員3名が通算四ヶ月、七尾市に『移住』。民間街づくり会社に所属して、地元中小企業と都心部のプロフェッショナル人材との交流を通じた次世代のネットワークづくり、地域の資源を使った新商品の開発や新規事業立ち上げ支援を行った。研修期間終了後も、継続的に関わりが続いている。地方の課題解決と、都心企業の人材育成を同時に行うモデルとして注目されている。


このイベント情報は、https://tokyo-acumen-final.peatix.com からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

関連イベント

CATEGORY
TAG