スケールと経営戦略〜初期フェーズはすぎたかな..と思う起業家の方々へ〜

2018.07.1213:00~14:30

【HUBbers Meetup: スケールと戦略 〜初期フェーズはすぎたかな…と思う起業家の方々へ〜】

 

みなさん、こんにちは!Impact HUB Tokyoのホストの美咲です。初めましての方、どうぞよろしくお願いします! 

コミュニティを観察していると、創業から半年〜2年を超えたあたりで(個人差あり)、次のフェーズに行くためにこれまでの事業のありかたを整理したり、自分のミッションを遂行するためにもっと事業の規模を大きくしたり、チームの人数を増やしたりなど、今後の事業の行く末について考えることが必要なタイミングを迎えているようです。

 

特に、チームとしての人数がまだそれほど揃っていない状態で、目の前の顧客に対峙しながら、ニーズや課題を丁寧に聞きつつサービスにフィードバックするプロセスと、5年・10年などの長期的な視野の中で戦略を考える状態を同時に行うことは難しく、思うように前に進めないことも。また、周りに相談したくても経営のことだったりすると、なかなか他の人に相談できないものも。

 

今回のミートアップでは、スケール(事業の拡張)・経営戦略についを取り上げます。正攻法と呼べるものがない分野の話にはなりますが、当日はImpact HUB Tokyo代表の 槌屋(Shino Tsuchiya)が実体験を通して今まで学んできたこと、それから集まった起業家の人たちで、今実際どのような課題を抱えているのか、一緒に棚卸ししていく作業ができないか、と考えています。

興味のある方はピンポイントで恐縮ですが、ぜひご参加ください!

 

◆こんな人におすすめ

□初期フェーズを終えた、または次のフェーズへ入っていく必要性を感じている事業者やNPOリーダーの方

□事業をスタートして最短半年以上、ソロの事業運営から今後さらなるサービスの充実化や改善を図るために、技術力・機動力を備えたチームへと成長したいと思っている方

□資金調達を含むあらゆるリソース調達を検討中ではあるが、どこから考えて手をつければよいのか、行動&判断指針が欲しい方

 

◆イベントを通じて持ち帰ることができるかも?なポイント

□経営戦略を考える時に重要視するべきポイントをかいつまんで実体験を交えて聞くことができる。

□様々な起業家育成や自身の起業も交えて見えてきた、多様な資金調達オプションとそれに伴うリスクやアドバンテージについてインプットを得ることができる

□同じステージにいる起業家たち同士、悩みや学びを共有できる

 

◆イベント基本

日時: 2018年7月12日木曜 13:00-14:30

場所: Impact HUB Tokyoラウンジ

参加費: 無料

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More