LINE BOTを作ろう【プログラミング体験ワークショップ】

2018.09.0813:00~15:30

このイベント情報は、https://x-hack.connpass.com/event/98097/ からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


世の中に公開されている様々なAPIとLINE BOTを組み合わせて自分の手でサービスを作ってみましょう

Heroku Github codenvyなどのサービスを駆使し、驚くほど短かい時間でプログラミングの難所である初期設定を終わらせます

使用するプログラム言語は、初めての方でも扱いやすい、JavaScriptを使います。

事前知識は必要ありません!

ハンズオンとは?
会場で講師が手順を一つ一つ解説しながら進める形式の勉強会です。
都度、不明点を確認しながら1ステップずつやっていくので、事前知識がほぼナシの状態でも参加できます。

LINE BOTとは?
LINEが提供しているAPI(Messaging API)を利用した、自動発言システムです。
今回は無料で利用できるプランで開発します。
詳しくはこちらを参照してください。

設備
会場に電源、wifi完備してあります。
ノートPCは持ち込みになりますので、電源と一緒に持参してください。

日時
9/8 (土) 13:00 ~ 15:30

当日流れ
時間 内容
13:00 開場
13:05 挨拶、会場案内、タイムテーブル説明
13:10 趣旨説明
13:15 参加者自己紹介
13:20 ハンズオン 前半
開発の初期設定、アカウント作成
サーバーを立てる、簡単なアプリを開発、LINEと連携させる
14:10 小休止
14:20 ハンズオン 後半
各自で機能追加
対象者
大学生、社会人の方でプログラミングに興味のある方、勉強中の方
小中高校生も大歓迎(小学生は保護者引率をお願い致します)
基本的なPC操作ができる方(キーボード操作、ファイルの保存・削除くらいができればOK)
ノートPCの持ち込みができる方
料金
対象 参加費用
一般 1500円
大学生以下 500円
概要
人数
20-50人

持ち物
ノートPC (必要な人はアダプターも一緒に)
LINEのアカウント (LINEのAPIを使用するために必要になります)
LINEアプリが入ったスマートフォン
場所
Impact Hub Tokyo 〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階 目黒駅(JR,目黒線)から徒歩10分

主催者
株式会社X-HACK (https://x-hack.jp)

お問い合わせ
smatsuda@x-hack.jp


このイベント情報は、https://x-hack.connpass.com/event/98097/ からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More