【Watson×LINE】LINEを人工知能と繋げてみよう【初心者歓迎】

2018.11.0313:30~17:00

このイベント情報は、https://x-hack.connpass.com/event/105073/ からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


IBM Watson (AI) の Watson Assistant (旧称 Conversation) とLINEを連携させ、カスタマーサポートサービスのような 問い合わせを処理する会話アシスタント機能を持ったbotを作成します

例えば、服の色やサイズ、生地、好きなデザインなどをWatsonがユーザーとコミュニケーションを取りながらオススメをしてくれるような接客AIのようなものを作ることができるようになります

FAQやカスタマーサポートをWatsonに担わせることもできるようになります

このイベントで学べること
IBMクラウドの Watson Assistant をカスタマイズし、特定の業務フローを行えるようにトレーニングさせる方法を学べます
顧客とWatsonのインターフェースとして、LINEを使ったやり取りが可能なように環境設定ができるようになります
Node-Redのプログラミングの基礎を習得できます
事前準備のお願い
下記のアカウントの取得を済ませておくと、当日大変スムーズです。
ご協力おねがしいます!!

IBMアカウント https://www.ibm.com/watson/developercloud/assistant/api/v1/curl.html?curl

LINE Developersアカウント https://developers.line.me/console/

設備
会場に電源、wifiがあります。
ノートPCは持ち込みになりますので、電源と一緒に持参してください。

対象
大学生、社会人の方でプログラミングに興味のある方、勉強中の方
基本的なPC操作ができる方
ノートPCの持ち込みができる方
Watsonに興味のある方、LINE botに興味のある方
ビジネスにWatsonの人工知能を活用したい方
持ち物
ノートPC (必要な人はアダプターも一緒に)
LINEのアカウント (LINEのAPIを使用するために必要になります)
LINEアプリが入ったスマートフォン
主催者
株式会社X-HACK (https://x-hack.jp)

お問い合わせ
smatsuda@x-hack.jp


このイベント情報は、https://x-hack.connpass.com/event/105073/ からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

Related Events

  • Open Events

    Rebellious People Vol.1 〜反抗する起業家たち〜

    人が起業する「原動力」はどこから来ているのか? たくさんの理由が想像できる中で、あまり注目されないけれど確かに存在しているはずの社会や既存のシステムへの「怒り」や「反抗意識」をもっとポジティブにフィーチャーしても面白いんじゃないか?という問いを元に、実際に起業した人や団体を立ち上げて活動している方々を呼び、その仮説を追求して行くイベントです。

    Read More
  • Open Events

    Demo Day – Le Wagon Tokyo Coding Bootcamp – 2020 Winter Batches

    キャリアや人生は変えられる。仏発9週間のコーディングブートキャンプ「Le Wagon Tokyo」第12期生の集大成「DEMO DAY」が3月13日、Impact HUB Tokyoで開催。

    Read More
  • Open Events

    布 旅 豆 グアテマラ展 トークイベント~グアテマラの旅行滞在記~

    色鮮やかな民族衣装、おいしいコーヒー、心豊かな人々などなど、デザイナーYUKARIがどハマりしたグアテマラのあらゆる魅力をトークショーにてシェアします。

    Read More
  • Open Events

    社会人のためのデザインリテラシー入門

    本講座では、レクチャー、デザインの読み解きワーク、グループディスカッションを通して、デザイン活用を目指すための最初の一歩を踏み出します。デザインのおおよその輪郭と概要をつかむことで苦手意識を克服し、デザインリテラシーの土台をつくる、初学者に最適なプログラムです。

    Read More