スニーカー就活はアリ?ナシ? 足元から考える働きやすさの今

2019.05.2517:00~19:00

このイベント情報は、https://www.change.org/l/jp/kutoo からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


「職場でのパンプス・ヒールのある靴の着用の強制をしないで欲しい」という声を社会に広く伝える #KuToo キャンペーン。靴での困りごとは、働き始めてからだけでなく、就職活動にもたくさん起きています。

#kutoo は主に女性の経験を共有・可視化するキャンペーンですが、慣れない靴や硬い靴、自分の望まない服装を強制されることは、性別を問わず辛いものです。

このたびChange.orgでは、#KuToo キャンペーンの署名提出を前に、「就職活動と靴」を考えるイベント「スニーカー就活はアリ?ナシ? 足元から考える働きやすさの今」を、5月25日(土)に東京都内で開催します。

単に労働しているだけなのに足元まで「女らしさ」を求められるのは性差別じゃないの?働く人の安全を守る立場からはどんな見方ができるの?男性でハイヒールを履いてみた方からの体験談など、多様な登壇者による講演やクロストークを準備中です。

当日は株式会社丸井グループ様のご協力により、男性でもお履きいただけるサイズのハイヒール(27cmまで)も登場予定です!

就職活動中の方、これから就職活動をする方にも、#KuToo キャンペーンやこのイベントについて、ぜひお知らせください!

イベント参加は事前申し込み制(抽選)となっております。

特に就活生の皆さん、これから就活を控えた皆さんのご参加をお待ちしています!
 
【イベント概要】
タイトル: スニーカー就活はアリ?ナシ? 足元から考える働きやすさの今
日時:  2019年5月25日(土)17:00〜19:00(開場16:30)
場所:  Impact HUB Tokyo イベントスペース
主催:  Change.org Japan

登壇者(予定、50音順、敬称略)石川優実(グラビア女優、ライター、#kutoo署名キャンペーン発信者)、井上道博(株式会社丸井グループ サステナビリティ部ダイバーシティ&インクルージョン推進担当)、内藤忍(独立行政法人労働政策研究・研修機構副主任研究員)、西島悠蔵(ベルフェイス株式会社)
定員80名(主な対象者は就職活動中の学生、応募者多数の場合抽選となります)
協力:Impact HUB Tokyo
参加申し込みはこちらから(5月24日(金)正午〆切)

当日はメディアによる取材が入る可能性があります。カメラ等による撮影を禁止するエリアも設けますので、映り込みが心配な方は当日受付でご相談ください。


このイベント情報は、https://www.change.org/l/jp/kutoo からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

Related Events

  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More
  • Open Events

    Bookmark Interview Vol.1 谷口 直嗣さん

    今回ライブ配信インタビューするのは、元Impact HUB TokyoのメンバーでもあるHoloeyes株式会社の谷口直嗣さん。XR (VR AR MR)技術を使って、例えば手術前のシミュレーションをよりリアルに再現するWEBサービスを提供するなど、医療コミュニケーションの促進に貢献しています。 このインタビューでは、谷口さんのWHYや、どのような問題意識や好奇心を持ち取り組んでいるのかなど、本には掲載されていない谷口さんのリアルなストーリーを深掘っていきたいと思います!

    Read More