経営課題シリーズ 〜WHYから始まるストーリー戦略〜

2019.07.1819:30~21:00

【経営課題ミートアップ WHYから始まるストーリー戦略】


みなさん、こんにちは!
Impact HUB Tokyo (IHT)ホスト高橋真美から、久しぶりの実施となる7月のWHYセッションへのお誘いです。

これまで何度か、IHTで開催してきたこのセッション、みなさんが普段事業をしていくなかで、後継者を見つける、ブランディングの確立、一緒に動いてくれる仲間や協力者を集めたい・・このような課題を持った時、なにが必要だと考えますか?
  
昨今、ブランディング戦略やマーケティングなどの単発的で即物的な技術やノウハウを取得できることを売りにするセミナーが多い中、長期的なスパンの中でじっくりと自分の事業の価値を届けながら、顧客を掴み、事業を拡大していくために必要なものは、行動や思考の軸(指針)となる「自分自身のストーリー」を元にしたストーリー戦略です。
 
このミートアップでは、普段何気なく忘れてしまいがちな事業のスタート地点に立ち返り、自身のビジョンやビジネスモデル設計のための思考プロセスについて、参加者のみなさんと共に学んでいきます。
参加経験のある方、ご興味のある方はもちろん、新しいメンバーの方々も大歓迎です。
 
●こんな方々におすすめ!:
□現在事業を拡大していくまたは認知度を高めていくにあたり、ブランディング戦略などの必要性を感じているが、何から始めてよいのかわからないという方
□事業を起こすまたは継続していくには一人ではできないので、仲間集めをしたいがどのように巻き込んでいくのかわからない方
□今後の事業のあり方や、自社製品や商品のパッケージを考える段階にあるものの、どのようなデザインの方向性にしていくのか、はっきりと文言化できていないという方
□ストーリー戦略やブランディング戦略というキーワードはよく聞くものの、その構成要素について実はよく知らないという方
□強いパッションによってこれまで走ってきたものの、ここに来て自分の軸を再定義したい時期にきているという方
 
●このミートアップを通じて期待できること:
⬜︎自分自身がなぜ起業したのか、本当に創り出したい価値は何か、について立ち返って考えるためのきっかけを作ることができる
⬜︎異業種であっても、同じように起業している、またはこれから起業していく他の人たちのフィロソフィー(哲学)やストーリーを知ることができる
⬜︎ブランディングを作る上で重要となる構成要素を知り、今後のブランディングの基盤となるような概念を認識することができる
⬜︎自身のビジョンが反映されているビジネスモデルはどのようなものなのか、もう一度スタート地点に立ち返ることで、確認ができる
⬜︎参加者同士、想いの部分で繋がることができる
 
◆基本情報:
日時: 2019年7月18日(木)19:30-21:00
場所: Impact HUB Tokyo White ルーム
人数: 8名程度
参加費: 無料
持参: 筆記用具
申し込み方法: HUBbers Facebook Groupから参加ボタンを押してくださいませ!

Related Events

  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More
  • Open Events

    Bookmark Interview Vol.1 谷口 直嗣さん

    今回ライブ配信インタビューするのは、元Impact HUB TokyoのメンバーでもあるHoloeyes株式会社の谷口直嗣さん。XR (VR AR MR)技術を使って、例えば手術前のシミュレーションをよりリアルに再現するWEBサービスを提供するなど、医療コミュニケーションの促進に貢献しています。 このインタビューでは、谷口さんのWHYや、どのような問題意識や好奇心を持ち取り組んでいるのかなど、本には掲載されていない谷口さんのリアルなストーリーを深掘っていきたいと思います!

    Read More