Impact HUB Tokyo

EVENTS

Open Events移住自治体地方地方創生 2019.07.27

<瀬戸たかまつ 首都圏交流会> 高松らしい働き方、仕事のつくり方、地域の関係のつくり方

Pocket

このイベント情報は、https://www.facebook.com/events/360486171320744/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


【東京から「高松」との関わり方を考える、
-高松らしい働き方、仕事のつくり方、地域の関係のつくり方-】

高松で暮らすこと・働くことを選択肢のひとつにお持ちの方。
首都圏在住ながら、地方での暮らし方・働き方に関心をお持ちの方。
地方で生きる方が“豊か”かもしれない…そんな予感をお持ちの方。

都心部の大企業で終身雇用で勤め上げることが豊かだという実感が乏しくなっている昨今、
地方・ローカルでのキャリアやライフスタイルについて考えている方も多いのではないでしょうか。

今回、「高松らしい働き方、仕事のつくり方、地域の関係のつくり方」をテーマに、【瀬戸たかまつ 首都圏交流会】を開催いたします。
都会から高松にU・Iターンして高松らしいローカルキャリアを歩む3名のゲストの方と、
高松市の大西 秀人市長も交えて「高松」との関わりを考える場を設けます。

高松、延いては地方・ローカルな生き方に関心を持つ方々は多くいます。
その中で、「働き方・仕事」や、「地域との関係性」は、多くの人が深く考え、不安も覚えるテーマです。
ただ、「移住」「就業」ができれば良いわけではありません。
その延長線上にある、新しい働き方・豊かな生き方、自分のやりたいことができる環境や選択肢が、「高松でどう実現できるか」こそが求められているのだと思います。

・高松でも仕事のやりがいを高く保ちたい
・高松で自分の好きなことを仕事にしたい
・東京で勤めながら、香川での仕事の足がかりをつくりたい
・サラリーマンをしながら、自分の事業を立ち上げたい
・パラレルワークに挑戦したい
・子育てをしながら、仕事をしていきたい
・地域に貢献する事業を生業にしたい
・‥‥

決まった“正解”があるわけではありません。
ひとりひとりの境遇や想いは違って当たり前。
想いを実現する方法や選択肢もまた多様にあります。

ご参加いただくみなさまには、ゲストの方々を始めとした高松での多様なローカルキャリアに触れながら、
ひとりひとりの生き方の選択肢、地域との関わり方の選択肢を増やす機会にしていただければと思います。
また、この場で、高松の方々やゲストとの間に生まれる「つながり」が、高松との良い関係を築く入口になるはずです。

「高松らしい働き方、仕事のつくり方」
「地域の関係のつくり方」
ご関心をお持ちの方、ぜひお気軽に足をお運びくださいませ。

※ 高松出身の方はもちろんのこと、高松をはじめとした地域にご関心をお持ちの方、徳倉さん・宮井さん・岩澤さんの活動にご関心をお持ちの方のご参加も大歓迎です。

——————————————————
【ゲスト】
●徳倉 康之さん(株式会社ファミーリエ 代表取締役社長)
1979年生まれ、香川県高松市出身。
法政大学法学部卒業後約10年間大手日用雑貨メーカーで法人営業を担当。
2009年に長男誕生後、総合病院勤務医として働く妻と互いにキャリアや働き方を相談し自身が8ヶ月の育児休業を取得し働き方・意識の大きな変化が生まれ家庭を重視し、効率的な働き方をする事で業績にも連動する事を経験。
後に次男・長女と生まれそれぞれに3ヵ月の育児休業を取得。2011年にNPO法人ファザーリング・ジャパン会員、後に転職し同法人事務局長に就任しソーシャルセクターで講演活動の他、営業・広報・組織運営・行政協働案件・企業協働案件に携わる。2013年に同法人理事に就任と同時に独立、現在に至る。
企業・自治体・大学・高校・医療機関等での講演、セミナーを中心に活動。現在は内閣府子ども子育て会議委員、内閣府男女共同参画連携推進会議有識者議員、高松市特定事業主行動計画アドバイザー等を務める。
http://familie-jp.net/profile/

●宮井 佑介さん(株式会社ゴーフィールド)
大学卒業後、繊維商社に入社。マーチャンダイザーとして全国を飛び回り、やりがいを感じつつ20代を過ごす。30歳を目前に地元香川県に貢献できる仕事がしたいと思いゴーフィールドへ。企業PR、採用、医療、福祉、観光、移住など幅広く関わりを持つことができる今の環境はまさに理想そのもの。
2017年には娘が誕生、時間の使い方も子育てに比重を置く。とにかく娘との時間を確保したい!仕事も家庭も関わる人を笑顔にすることが最大のミッション。
https://www.gofield.co.jp/member/yusuke/

●岩澤 素子(Motoko Iwasawa)さん(株式会社未来機械)
大学卒業後、Uターンして高松の民間企業に就職。瀬戸内国際芸術祭のボランティアサポーターの『こえび隊』、高松市の地域づくりチャレンジ塾等の地域活動に携わる。ソーラーパネル清掃ロボットを開発する香川大学発のベンチャー企業に転職。
https://www.takamatsu-iju.jp/voice/entry-152.html

——————————————————
【タイムスケジュール(予定)】
 13:30 開場、受付開始
 14:00 開会
 14:15 ゲストの方々からのピッチトーク
 14:45 クロストーク 「高松らしい働き方、仕事のつくり方、地域の関係のつくり方」
 15:30 高松への移住や関係づくりの悩みの棚卸しワークショップ
 15:45 市長・ゲストを囲む座談会
 16:45 市長・ゲストと自由に語る交流会
 18:00 閉会

 ※ スケジュールは変更の可能性もありますのでご了承ください。
 ※ 会の途中からのご参加や途中退室も可能です。
 ※ 移住・就業に関するご相談がある方は、高松市/高松商工会議所にご相談が可能です。

——————————————————
【イベント詳細】
●日時:7月27日(土) 14:00~18:00(開場13:30)
●場所:Impact HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3)
JR線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線「目黒」駅 徒歩7分
https://hubtokyo.com/
● 参加費:無料
● 対象:「高松」での暮らしに関心のある方/首都圏在住で「高松」との接点がほしい方/「高松」に関心をお持ちの20代・30代・40代の方
● 定員:最大40名程度
※参加ご希望の方は、必ず申込フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/mmgmunts1THdEUEh9
※定員に達した場合、事前にお申込を〆切りさせていただく場合もございますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

■ 主催:高松市、高松商工会議所(共同開催)
■ 企画運営:一般社団法人四国若者会議


このイベント情報は、https://www.facebook.com/events/360486171320744/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

関連イベント

CATEGORY
TAG