仕事をチョット楽しくしてみよう〜lego® Serious Play®メソッドと 教材を活用したワークショップ〜

2019.08.0410:30~12:30

このイベント情報は、 https://www.facebook.com/events/342385659996210/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


仕事をチョット楽しくしてみよう〜lego® Serious Play®メソッドと 教材を活用したワークショップ〜

今、どんな仕事をしていますか?
楽しく働いていますか?

日本人は1日の3分の1を仕事に時間を使っています。
起きている時間の半分近くを占める働く時間。
せっかくだから楽しい時間になる方が良いですよね?

LEGO® SERIOUS PLAY®のメソッドで今の仕事を形にし、更にワクワクを足して楽しくしちゃいましょう!

★子供向けのLEGO®ブロックを使って、参加者同士で対話するワークショップです。シンプルでどんな方でも参加可能です。

【LEGO® SERIOUS PLAY®とは】
ロバート・ラスムセン(当時のレゴ社教育部門 研究開発統括)を中心としたメンバーが、MITメディアラボのシーモア・パパート教授が提唱する、教育理論「コンストラクショニズム」を基に、2001年 LEGO® SERIOUS PLAY®のプロトタイプを完成させたのが起源です。

■こんな方にオススメ!
・レゴ®シリアスプレイ®メソッドに興味がある方
・楽しみながら仕事について考えてみたい方
・毎日を楽しく過ごしたい方
・仕事にちょっともやもやがある方
・その他、本イベントに関心のある方

■日時
 2019年8月4日(日) 10:30~12:30(10:15開場)
 
■場所
Impact HUB Tokyo
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
https://hubtokyo.com/
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

■定員
先着8名

■参加費
1,000円(税込) 
※当日現金にてお支払いください。

■申し込み方法
定員に達したため、お申込みは締め切らせていただきます

■主催/ファシリテーター
株式会社ワタリドリ 塚原 昌代
レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター

※ご不明な点やお問い合わせは下記URL、または、メッセージ、ディスカッションへの投稿からお願いいたします。
https://forms.gle/2xXke6rvVfWrQjoB6


このイベント情報は、 https://www.facebook.com/events/342385659996210/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More