WE DESIGN SCHOOL 社会人のためのデザインリテラシー入門  デザインの考え方と判断の基本を知る

2019.09.2114:00~17:00

このイベント情報は、 https://wedesignschool.com/program/1day/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。


デザインの考え方と判断の基本を知る

<プログラム概要>
ーデザイン判断の基本を知るー

デザインリテラシーを持ったリーダーをめざすWEデザインスクールの学びを体験していただくプログラムです。レクチャー、デザイン発想ワーク、グループディスカッションを通して、 ビジネスでのデザイン活用を目指すための最初の一歩を踏み出します。
各トレーニングの受講を検討されている方、これまでデザインを学んだことがないという方にも安心してご受講いただけます。


ー3つのポイントー

1. ビジネス×デザインの関係を知る
「デザインとは何か」の目的や役割、ビジネスにおけるデザインの適用範囲などを知り、さまざまな実践におけるデザインリーダーシップをつくるための土台を育みます。

2. デザイン発想の基本を知る
課題発見、ビジョン創造、サービス・企画開発、コミュニケーションなど、あらゆるプロセスで創造的な発想・判断ができるデザインのパースペクティブを知ります。

3. ロジックからデザインを理解する
デザインの意味や背景を知り、理論立てて言語化する経験を持つことで、ロジカルな考察と感性的な認識の両輪でデザインを考えるマインドをつくります。


ーこんな方におすすめですー
□ 初めてデザインを学ぶ社会人の方
□ デザインリーダーシップを目指している
□ デザイン経営、ビジネスにおけるデザイン活用の可能性を知りたい
□ デザインの観点でビジョン創造・発想する力を強化したい
□ デザインとは何か?の概要を理解したい
□ デザインリテラシーを持ちデザインを見る方法を知りたい
□ 発注・判断の際の客観的な評価基準を知りたい
□ 社内やチームで共通言語を持ってデザインを扱いたい
□ WEデザインスクールがどんなことを教えているのか知りたい
□ WEデザインスクールの雰囲気を知りたい


ー講座内容ー
1. レクチャー
デザインとは何か
デザイン×ビジネスの関係とは
社会人のデザインの学び方

2. ワークショップ
グループディスカッション
デザインの読み解きワーク
デザイン発想トレーニング

3. スクール説明
WEデザインスクールのクラス説明


ー講師ー
稲葉裕美
WEデザインスクール主宰。OFFICE HALO代表取締役。武蔵野美術大学造形学部卒業。1984年生まれ。アート・デザインと社会の接点が足りていないと感じたことから、その仕組みづくりをしようと考え、武蔵野美術大学に入学。創造性教育やアート・デザイン教育、その実践的活用や普及を研究対象とし、デザインマネジメントやアートマネジメント、文化政策を学ぶ。2014年にアート・デザイン教育の開発・提供を目的としたOFFICE HALOを設立し、同年、社会人向けアートスクール「CORNER」を、2017年に「WEデザインスクール」を開校。近年は、ビジネスリーダーの感性を育成するプログラムの開発・実施を軸とし、人間や体験に寄り添った、企業のブランド戦略、コンテンツ開発などにも携わる。

田中奈津子
デザインスタジオ株式会社アゾーンアンドアソシエイツ取締役。プロジェクトマネジャーとして、10年以上に渡りクライアントマネジメントに従事。広告代理店に出向した際には、大手飲料ブランドのパッケージ、グラフィック及び販促のディレクションを担当。2013年には、ファッションデザイナー山本寛斎氏の「KANSAI FASHION PROJECT」全般のブランディング及びプロデュースにも携わるなど、クライアントサイドとクリエイティブサイド双方への深い理解と豊富なマネジメント経験を持つ。


ー講座概要ー
開講日
2019年9月21日(土)14:00 – 17:00
2019年10月22日(火)19:00 – 22:00
2019年11月16日(土)14:00 – 17:00
※内容は全日同じです


ー講師ー
稲葉裕美(9月21日)
田中奈津子(10月22日、11月16日)

・定員:30名
・受講料:8,640円(全1回)
・会場:Impact HUB Tokyo(JR山手線、都営三田線「目黒」駅から徒歩約7分)

お申し込み方法
お申し込みPeatixページよりお受付いたします。
https://peatix.com/event/1299216/


※競合となるサービスをお持ちの企業の方の参加はお断りしております。予めご了承ください。


このイベント情報は、 https://wedesignschool.com/program/1day/からの転載になります。イベント申し込みは元記事からお申し込みください。

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More