レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

2021.07.1813:30~16:30

 

「レスポンシブル・アトリエ」とは?

レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を可能とする新しいキュレ―ション・プロジェクトです。
 
 
 

イベント概要

第二弾の今回は、資源の循環を後押しするレザー素材で新しいファッションレーベルを立ち上げた唐沢海斗さん率いるLOVST TOKYO(ラヴィスト・トウキョウ)がポップアップイベントを開催します。唐沢さんは、様々な価値観が共生できる文化を創りたいという思いで、ファッションや情報発信を通じてヴィーガンという新しいライフスタイルの魅力や、地球環境を考慮する持続可能な暮らしのあり方などを伝えています。
 
廃棄されるはずだったリンゴの皮をアップサイクルした植物性レザー「アップルスキン」でデザインした自社ブランドのトートバックが、今年3月に行われたクラウドファンディングに成功。今回は「循環」という仕組みに着目したプロジェクトで新たにクラウドファンディングに挑みます。
 
今回のレスポンシブル・アトリエでは、ヴィーガンという文化や価値観についてゲストとの対談や、アップルスキンを使ったワークショップを通して、体感し、考えることができるポップアップイベントとなっています。
 
当日のイベントは完全招待制となっておりますが、当日の対談はLOVST TOKYOのInstagramアカウントよりオンライン配信される予定です。(参加方法を参照)
 
オンライン配信の予約申し込みは不要となりますので、是非ご視聴ください!
 
 
 

こんな人におすすめです!

・衣食住文化の作り手のストーリーや想いに興味関心がある。
・ヴィーガンや地球環境を考慮したビジネスモデルを展開する人の話を聞いてみたい
・食のみならずファッションを通じてヴィーガンという価値観について学んでみたい。
 
 
 

イベント詳細&スケジュール

当日13:30-14:30のトークセッションがLOVST TOKYOの Instagramアカウントより、ライブ生配信で視聴可能です。
 
 
トーク内容:
バックグラウンドが多様なミレニアル世代の3人の視点から、LOVST TOKYOのミッションでもある「様々な価値観が共生すること」の意味について考えるクロストークを展開します。
ヴィーガンに関心を持ったきっかけや実践する理由、活動していく中でどのように考え方が変化していったのかを紐解きつつ、それぞれが目指したい価値観の共生について考えていきます。 
 
 
登壇者詳細:

唐沢海斗(ラヴィスト トーキョー株式会社・代表取締役)|

1991年生まれ、栃木県出身。米国にある州立大学を卒業後、大手人材派遣会社に勤務。2018年、日本初ヴィーガンファッションのオンラインストア事業で起業。 2021年、植物性由来のレザーを使った未来のレザーブランド「LOVST TOKYO」を展開。文化起業家を名乗り「全ての価値観が共存できる文化創造」を目指し、活動の幅を広げている。
 
 
Miyuさん(Tokyo Vegan Girl)|

ヴィーガンモデル 兼 環境系YouTuber。“Make kinder choices to save our future” をテーマに、日々の何気ない選択について考え直すきっかけになるようなコンテンツを発信中。主な内容は、自身のライフスタイルである「ヴィーガン」や、サスティナブル・エシカルな生活、環境問題を始めとした社会問題など。Instagram:@tokyovegangirl_miyu
YouTube:Miyu*Tokyo Vegan Girl
 
 
ファシリテーター:
三塩佑子(株式会社Hub Tokyo・コミュニティビルダー)|

ベルリンなどで体験した、”地球環境を考慮した暮らしが当たり前”の状況をどう広められるかに関心があり、レスポンシブル・アトリエの運営担当や、サーキュラーエコノミーがテーマの学びのプログラムの運営を行う。
 
 
 

参加方法

LOVST TOKYO Instagramアカウント(https://www.instagram.com/lovst_tokyo/)をフォローし、このアカウントからの通知をオンにしておくと、当日ライブ配信開始のお知らせを受け取ることができます。

Related Events

  • Open Events

    レスポンシブル・アトリエ Vol.2 “ヴィーガンと未来のレザー”

      「レスポンシブル・アトリエ」とは? レスポンシブルな⾐⾷住⽂化の作り⼿と事業に対する伴⾛⽀援を目的とし、Imapact HUB Tokyo内のスペースを活用してポップアップストアや展⽰、イベント開催の実現を […]

    Read More
  • Open Events

    Energy Tech Meetup Vol.4 -How is energy innovation supported?-

    An important question is how can we encourage and support innovation for sustainable energy? This could be done in many ways, including regulation, innovation hubs, funding, community-building. What’s the best way(s) to go?

    Read More
  • Open Events

    Fuckup Nights Tokyo Vol.23 -すべての失敗は成功への一歩である-

    第23回目はオンラインライブ配信で、価値ある学びが詰まった「FuckUpストーリー」のシェアを続けます。これまでと同じく日本語と英語の両言語でサポート、また参加費は無料です。

    Read More
  • Open Events

    CIVILSESSION Vol.30

    CIVILSESSIONはCIVILTOKYOのメンバーが様々な分野の方と行うアートセッションです。今回のキーワードは「Vintage」、一週間で決められたキーワードを元に作品を制作します。

    Read More