Impact HUB Tokyo

MEMBERS2018.03.12

スパークプラグ・オーシャンピッチャー紹介No.3 結城 嘉朗

Pocket

【3/16(金) 19時 持続可能な水産業を目指す起業家ピッチイベント「スパークプラグ・オーシャン」Vol.2 開催! ピッチャー紹介 No.2】

3. 結城 嘉朗  有限会社 結城水産

持続可能な生産に関心があるものの、水産資源枯渇によるエサ代の高騰が経営を圧迫。養殖業3代目が目指す、経営再建への道のり
 
プロフィール:
宮崎県の離島、島浦島で生まれ、大学を福岡で過ごし、そのまま福岡にあるスーパーの水産部へ就職する。その後、実家がやっている水産養殖業の跡を継ぐために島に帰る。現在、漁師歴5年。世界的には人口増加や魚食の普及などにより養殖は今後増えてくると言われる中、近隣地域や島浦島の養殖業者数は激減しており、小規模養殖業者が経営的に持続可能になるにはどのような方策を模索するため、本プログラムに参加。
 
事業内容:
現在はカンパチ、シマアジ、マダイ、イサキ、カワハギなどを養殖し、問屋経由で宮崎魚市場や福岡、関西、関東の飲食チェーンなどへ出荷しています。しかしながら、既存の流通に乗せてしまうとよほどのブランド価値がない限り価格に反映しにくく、どんなに良い魚を作っても相場通りの価格で取引されてしまい、養殖魚の差別化は難しいのが現状です。養殖に理解のある方も増えてきましたが日本には天然魚信仰がまだまだ根強く、養殖魚はどこか天然魚よりもイメージが悪く、下に見られています。このことの原因は養殖の現場、どうやって飼育されているのかを知らないことが大きいと今回のプログラムの想定顧客インタビューを通して感じました。ピッチでは、生産者と消費者の間にある距離をどうやって埋めて、信頼を獲得し、結城水産のファンを作っていくのかについて事業発表を行います。

【イベント情報】
日時: 2018年3月16日金曜
場所: LIFULL TABLE(東京都千代田区麹町1-4-4 1F)
http://table.lifull.com/
時間: 18:30〜21:30
参加費: 前払い500円、当日払い1000円
※ドリンク&軽食付き
予約・詳細はこちらから

関連記事

CATEGORY
TAG