Impact HUB Tokyo

MEMBERS2018.05.11

ラウンジスペースにて山崎由紀子・鳴海テヨナ「ランドスケープ」開催(5月14日(月) ~27日(日))

Pocket

山崎由紀子・鳴海テヨナ 2人展「ランドスケープ」

Impact HUB Tokyoによるアーティストプログラム、「Impact HUB Tokyo ARTS」 第4弾として、イラストレーター、ペインターである山崎由紀子と鳴海テヨナの二人展「ランドスケープ」を開催します。

【期間】:2018年5月14日(月) ~27日(日)
【営業時間】:11:00〜19:00

山崎由紀子

1988年京都府出身。画家、ペインター。 京都造形芸術大学を卒業後、東京で作家活動を続ける。
「アートアワードトーキョー2010」長谷川裕子賞、「1_WALL グラフィック」第10回 菊池敦己賞 受賞。
アトリエ野方ハイツ所属。

鳴海テヨナ

1985年大阪府出身。画家、イラストレーター。 
「178回 THE CHOICE」入選 ( 横山裕一選 )。「1_WALL グラフィック」 第9回 長崎訓子賞 受賞。
2017年7月よりスタジオ「デトロイトコーンクラブ」設立。

“見晴らしの良い” 感覚に満ちた展示風景を

共に関西出身の2人に共通する要素として、イラストや絵画等の範疇にとらわれず自分の作品を制作していること、好きな絵の傾向が似ていることなどがあり、それぞれが活動をしてゆく中で、お互いSNSを通じて存在を認知し合っていました。

そんな二人は、山崎が参加していたグループ展を鳴海が観に訪れたとき、初めて言葉を交わして意気投合し、その場で二人展の約束をし、今回それが実現の運びとなりました。

展示タイトルを「ランドスケープ」としたのは、広い意味で景色のようなものが描きたかった為という。二人の意味するところは、単なる風景画にとらわれず、全体的に何か景色を感じるような“見晴らしの良い” 感覚に満ちた展示風景を作り出すことにあり、会場となるIHTのラウンジ空間とコラボレーションするような、ある種のインスタレーションとしても楽しめる展示が期待できます。

【会期中関連イベント】:
5/19(土)13:00~18:00「山崎由紀子のその場でコラージュ屋さん& 鳴海テヨナの完璧占い」
Facebookイベントページ

5/27(日)17:00~19:30 クロージングパーティ
Facebookイベントページ

 

関連記事