ポチエ真悟 Shingo Potier de la Morandière

株式会社Hub Tokyo 取締役&共同創業者/ Innovation Artist

大型イノベーション専門家及び事業プロデューサー。フランス人と日本人の両親のもと多様な価値観の融合の中で育ち、12歳からは単独で日本から欧州へ渡航。以来、世界中の様々な文化の中で生活をしてきた。自身が多重マイノリティー者としての観点から得られるイノベーションに必要不可欠な多様性や思想の自由を最大の課題として、女性起業家のサポートに精励する。長年にわたり、ロンドン・シティで金融機関で勤務し、例えばキャローセル・キャピタルにてヘッジファンドの立ち上げ、ソシエテ・ジェネラルにて統計的アービトラージのプログラム作り及び運用を担当する。その後、ロンドンにてスタートアップやそのエコシステム作りに関与し、スタートアップのCFO業務、テック系ファンドの設立、ロンドン・ウィンブルドン地区におけるスタートアップ・チャンピオン活動を行う。イノベーションの起爆剤としての空間、人、ネットワーク、システムの設計やシミュレーション、コンセプト作り、戦略立案及び、空間プロデュースを専門に行っている。

イノベーションのエコシステムを俯瞰的に探索し、観測や接続することが特技。女性起業家が抱える課題解決の経験が豊富で、女性起業家が男性社会で成長する際の案件交渉、資金調達、戦略づくりなどを得意とする。長年、専門家として活動していく中で、イノベーションの人間性や生物的な習性などに興味を持つようになった。独自の感性を生かし、イノベーションをアートとして捉えながらアドバイスをすることが出来る様に。イノベーションが発生し、そして持続する際に溢れ出る定性的、感情的、感性的な無形の価値やエネルギーの流れを読み取り、それらの動向を大型イノベーションに向けて誘導する。イノベーションを動かすのは人であり、人は数字よりも感性や感情で動く時の方が持続性があり、パワフルであるということを視座を持ち、数々のプロジェクトに参画。現在は、長野県飯綱高原に移住し、東京と地方をシームレスに移動しながら生活をしている。

英国インペリアル大学機械工学修士課程修了。合同会社w00rk代表。

 

ソーシャルメディアおよび執筆
note: https://note.com/spdlm
Twitter: @spdlm
Instagram: @spdlm

取材やメディア掲載一覧

*講演依頼・取材のお問い合わせ:ページ上部の「Contact」からご連絡ください。

2021.2 (取材掲載)Coworkies Around the World in 250 Coworking Spaces
2020.10 (登壇)Waseda neo 早稲田大学日本橋キャンパス 【オンライン講座】雑誌Pen連携講座 WORK AT HOME~家で働く、心地よく~
2020.10 (取材掲載)PEN WORK AT HOME ~家で働く、心地よく~
2016.09 (取材掲載)BOOSTAR.me Impact Makerが創造する包括的解決とは
2016.07 (取材掲載)LesEchos ENTREPRENEURS La tech japonaise, belle endormie du pacifique
2016.04 (取材掲載)ASIJ (American School International Japan ) Journal Innovative Youth
2013.12 (登壇)電通報 オープンイノベーション情報サイト「cotas」がシンポで最新のコ・クリエーション事例を紹介
2013.05 (取材掲載)THE BRIDGE 起業家たちから5つのアイデアが飛び出したHub Tokyoのミートアップイベント「Spark Plug」