Impact HUB Tokyo

MEMBERS2018.03.10

スパークプラグ・オーシャンピッチャー紹介 No.1 藤澤 裕介

Pocket

【3/16(金) 19時 持続可能な水産業を目指す起業家ピッチイベント「スパークプラグ・オーシャン」Vol.2 開催! ピッチャー紹介 No.1】

1. 藤澤 裕介(ふじさわ ゆうすけ)
島根県隠岐 海士町漁協

 
水産資源減少に歯止めを!と飛び込んだ離島では、地域の漁業が崩壊寸前だった。
一漁協職員が目指す、地域漁業再生への道のり

プロフィール: 
東京で8年間勤務した出版社を退職し、「島の漁業を変える人」に応募して2010年より海士町に移住。稼げる漁業モデルを目指し、ECサイト運営や飲食店との直接取引などに取り組んできた。2015年に海士町「まち・ひと・しごと創生総合戦略」づくりに民間メンバーとしてかかわったのがきっかけで、未来の島の漁業はどうあるべきかを強く意識するようになる。地域の食生活を支える「定置網」の経営状況の悪化が一番の課題と感じており、行政と漁業者で連携して新たな方策を探っている。島の誰よりも海の幸を楽しんでおり、魚のある暮らしこそが地域の誇りと口福につながることを信じている。
 
事業内容:
いま、島だからと言って魚を捌いて食べるという行為は当たり前ではなくなってきています。共働き・子育て世代にとっては時間が無かったり、核家族にとっては量が多すぎたりと都市と同様の課題があります。また、地元の魚は1匹丸ごとの状態でしか購入することができず、結果として家庭の食卓では“輸入品”の冷凍魚が食べられていました。海に囲まれた豊かな島で、地元で獲れた新鮮な魚を当たり前に味わうことができれば、輸送コストの削減により地域の漁業にとっても収益増が見込める。そのために、一度は活動を停止していた水産加工場を復活させて誰もが新鮮な島の魚を美味しく食べられる環境をつくりたいと考えています。なお、家庭のみならず学校給食や福祉施設で提供される食事、観光客の食事などすべての接点において地魚地消をすすめるべく、島全体のムーブメントとなることを目標として進めていくことを目指します。

【イベント情報】
日時: 2018年3月16日金曜
場所: LIFULL TABLE(東京都千代田区麹町1-4-4 1F)
http://table.lifull.com/
時間: 18:30〜21:30
参加費: 前払い500円、当日払い1000円
※ドリンク&軽食付き
予約・詳細はこちらから

関連記事

CATEGORY
TAG