槌屋 詩野 Shino Tsuchiya 

株式会社Hub Tokyo代表取締役&共同創業者/Community Builder

コミュニティ作り・場作りの事業プロデューサー。一貫して持続可能性を追求し、コミュニティ型プロジェクトを続けてきた。学生時代より国際協力NGOで当時黎明期を迎えていたオンライン市民運動の仕掛けづくりを担う。その後、日本総合研究所で事業プロデューサーとして、代替エネルギー、病院などの社会的事業の立ち上げ、CSR/CSVコンサルティング、及び社会的責任ファンドの立ち上げを行う。さらに、新興国の低所得者層むけ社会的ビジネスとしてロンドンからアフリカ・インド農村部など5カ国で事業立ち上げに関与し、現地で深くコミュニティに入り込む。

2012年帰国後に起業し、Impact HUB Tokyo(株式会社Hub Tokyo)を設立。
以来、起業家や芸術家、研究者たちの息の長い活動を支援する事業伴走の設計を専門とする。近年は、塩尻や浜松など地方都市のイノベーション拠点やコミュニティ立ち上げに関わる。数年前より長野の飯綱高原に移住し、東京と地域の多拠点をシームレスに移動しながら、会社経営と育児をパートナーと共有する生活を送る。主に文化芸術歴史、社会運動・社会思想、イノベーション&エコシステム、ジェンダーに関連する執筆活動を行う。

監訳「世界を変えるデザイン―ものづくりには夢がある」(英治出版)など。

東京大学総合文化研究科修士過程修了。
オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクール、Global Business ディプロマ修了。

 

ソーシャルメディアおよび執筆

note: https://note.com/shinotsuchiya

Twitter: @shinokko

Instagram:@shinotsuchiya

 

取材やメディア掲載一覧

*講演依頼・取材のお問い合わせ:ページ上部の「Contact」からご連絡ください。

2021.1 (取材掲載)FIGARO デュアルライフ特集 

2021.1 (本人執筆)Newspicks プレミアム 【移住】2021年、新しいライフスタイルの「実験」が始まる

2021.1 (取材掲載)Cobot’s Blog  Cobot  Impact HUB Tokyo: Responsive Coworking and Maintaining Trust Amidst  Anxiety

2020.10 (本人執筆)SUG Startup Guide Japan

2020.10 (取材掲載)PEN  WORK AT HOME ~家で働く、心地よく~

2019.4.  (取材掲載)The Japan Times “Start up, burn out: Services support Japan entrepreneurs’   mental health in ultra competitive culture”

2018.09 (取材掲載) Ridilover Journal【起業家のメンタルヘルス】挑戦者たちの隠れた苦悩

2016.09 (取材掲載)BOOSTAR.me Impact Makerが創造する包括的解決とは

2016.08 (取材掲載)DODA 女性の転職・求人情報Woman Career 転職成功ガイドAge28 [age28 HUB Tokyo 代表取締役 槌屋 詩野]

2015.07 (取材掲載)現代ビジネス ぼくらのメディアはどこにある?

「社会を変えるには「山の中腹にある山小屋」が必要? コミュニティの価値がわかる起業家は“現状を疑い行動する」

「あなたのコミュニティ、本当に「We」で語れますか? お金以上の価値ある場づくりに不可欠な3本の矢」

2015.06 (取材掲載)エル・オンライン【Vol.2】女性を活かす職場の作り方 “ユニセックスな職場” 「株式会社HUB Tokyo」槌屋 詩野共同創設者兼代表取締役

2014.04 (取材掲載)日経ビジネスオンライン イマドキの社会学者、イマドキの起業家に会いにいく

・「印刷工場」がTokyoのハブになる 槌屋詩野 HUB Tokyo代表(その1)

・金銭とメンタル、失うならばお金でしょう 槌屋詩野 HUB Tokyo代表(その2)

・所有って、あまり意味が無いと思います 槌屋詩野 HUB Tokyo代表(その3)

2013.09 (取材掲載)日経スタイル 元印刷工場は起業の秘密基地 「社会を変える人」育てる 女子力起業(5)編集委員 石鍋仁美

2013.07  NHK ニッポンのジレンマ 「僕らの新資本主義」番組収録後インタビュー:槌屋詩野